博多阪急で「ガラスの仮面展」開催! マヤ気分を味わえるグッズも!?

 演劇をテーマにしたコミック「ガラスの仮面」(美内すずえ作)の原画など約300点以上が展示される「ガラスの仮面展」が、12月27日(木)から福岡市博多区の博多阪急で開催されます。

 2016年に連載40周年を迎え今もなお連載中の「ガラスの仮面」は、幻の名作「紅天女(くれないてんにょ)」の主役をめぐり、激しい争いを繰り広げる天才少女・北島マヤと宿命のライバル・姫川亜弓のストーリー。  マヤを陰から支える「紫のバラのひと」こと芸能事務所社長・速水真澄や、伝説の大女優でありマヤの師である月影千草などの個性的なキャラクターも人気を呼び、累計発行部数は5,000万部を超えます。

出典:ファンファン福岡

 本展では連載当初の原画をはじめ、カラーイラストや舞台化された時の資料など計300点以上が展示されます。併せて「ガラスの仮面」以外の美内すずえさんの作品についても、資料などを展示します。  限定オリジナルグッズは約200種類! 作中でマヤが「夜叉姫物語」のトキになりきって食べた泥まんじゅうを誰でも食べられる仕様にした「泥まんじゅうクランチチョコ」(税込み648円)のほか、速水社長の顔をあしらった「大都芸能ビスケット」(1,080円)もあります。  メッセージが書き込める「あなたのファンより」マスキングテープ(388円)や、紙を挟むとマヤたちが白目になる、インパクト大の「白目クリアファイル」(324円)などの文具類も充実しています。  ファンはもちろんガラスの仮面を知らない人でも楽しめる本展。会場を出るころにはあなたも“白目”になっているかも? ガラスの仮面展 日時:12月27日(木)~2019年1月7日(月) 10:00~20:00(入場19:30まで) ※最終日は17:00閉場 場所:博多阪急8階催場(福岡市博多区博多駅中央街1-1) 料金:一般900円、高大生700円、中学生以下無料 主催:朝日新聞社 問い合わせ:博多阪急 電話:092-461-1381

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる