年代・男女別「みんなの年収」公開!【アンケート結果発表】

 ふくおかフィナンシャルグループのiBankマーケティング(福岡市)がお金管理アプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」の利用者を対象に実施したアンケート結果を、「みんなのお金感覚」として紹介します。

 今回のお題は、ズバリあなたの「年収」です。  みんな、いったいどれくらい1年で稼いでるの?  今回は、約500人からご回答をいただきました。  ものすご~く気になる結果を発表します!

出典:ファンファン福岡

 まずは、全体の「年収」を見てみましょう。  みんなの年収は、ズバリ「100万~300万円」でした!  あれれっ、思ったより少ないような・・・?  今回は女性からの回答が多かったことが影響しているのかな?

出典:ファンファン福岡

 というわけで、男女別の年収の違いを見てみました。  ふんふん、男性に限れば、300万~500万円が多数派ですね。  しかも、1,000万円以上の高所得者が1割もいる!  対して、女性は100万~300万円が多数派。  男女の収入格差がはっきり分かりますね~。  まあ、同じ共働きでも、女性はパートで働く場合も多いし、さらに夫の扶養範囲内になるように調整しながら働くことも多いしね。  そのせいかもしれませんね。

出典:ファンファン福岡

 続いて、年代別ではどうなってるかな?  やっぱり、働き盛りの30代と40代の収入が高いよね。

出典:ファンファン福岡

 では、この30代と40代に絞った、男女の年収を見てみましょう。  まず、30代と40代の男性から。おおっ、500万~700万円が多数派です!

出典:ファンファン福岡

対して、同じ世代の女性の場合。  えっ? 30代と40代とも多数派は100万~300万円って・・・。ちょっと、びっくり?  収入格差は、ここまで開いてしまうのですね・・・。はぁ(ため息)。  もちろん、これって男女格差というよりは、男女の働き方の違いが、大きな原因だと考えられますよね。  今まで、メインの働き手は夫で、妻はパートやアルバイトなどで家計を助ける補助的な働き方を選ぶことが多かったので・・・。  でも、こうした格差は、今後少しずつ是正されそうですよ。  特に2018年から、今まで103万円だった配偶者特別控除の額が、150万円までアップされたこともあって、女性の働き方が大きく変わるのでは、と期待されています。  同じ女性の立場としては、収入アップをもっともっと目指したいです~!

Wallet+アンケート 年代・男女別「みんなの年収」 アンケート実施者:iBankマーケティング 実施対象:Wallet+のアプリユーザー 調査手法:アプリ内でのアンケートフォームで募集 期間:2018年1月8日~15日 有効回答:499人

出典:mymo

共働き家庭の世帯年収は?【アンケート結果発表】

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる