「我が家のお金ルール」其の二:手取りの25%は貯金か投資

 これって普通? それともヘン? 大切なお金を有効に活用するための、我が家のお金ルール。よそのおウチをのぞいてみると、お金のヒントが転がっているかも!?  其の二は、金融機関にお勤めの「焼肉大好きさん」 です!どんなお金ルールがあるのでしょうか?

目次

「焼肉大好き」さんの家の「お金ルール」はこちら!

出典:ファンファン福岡
出典:ファンファン福岡

日本人版バフェット、本多静六の教えに学ぶ

 投資の神様として知られるウォーレン・バフェット。その日本人版ともいえる本多静六は、著書『私の財産告白』で「1/4天引き貯金法」をすすめています。  私がその本に出合ったのは、社会人1年目のとき。金融機関に勤めるからには、「伝説の大投資家」とも呼ばれる本多静六の本を読んで勉強してみようと、手に取ったのがきっかけでした。  彼の教えにならって、私も給料の25%を自動引き落としにして、その分を強制的に貯蓄と投資に回し始めました。

 意気揚々と始めたものの、社会人になってしばらくは、25%も貯蓄と投資に回せるほどのお給料がなく、自動引き落としで積み立てた25%分の貯蓄は、その月のうちに切り崩すという生活でした。  社会人7年目になってやっと昇格し、ちょっとお給料も増えたことと、結婚が決まっていたことをきっかけに、自動引き落としされる25%のお金には一切手を付けないと決意。今は、投資信託とTHEO+の投資をうまく使い分けて、投資を楽しむほどやりくり上手になってきたかなと思います。  もともと給料の25%をないものとして生活費を考えているので、無理なく資産形成ができています!  つい最近は、貯まったお金の一部を使って、母親の退職祝いで旅行に連れて行きました。いきなりの出費になると大変ですが、毎月一定額を貯めていると負担が少なくてよかったです。  これからもこのルールは止めずに続けていこうと思っています。

出典:mymo

【20代派遣社員の家計簿】結婚目前、借金50万円を返すには

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる