福岡の2019夏フェス情報 初心者も必見! 楽しむコツを紹介

 音楽フェスのシーズンが到来! 昔はがんがん行っていたけれど「今、参加するのは難しいかも」なんて二の足を踏んでいるあなた! 実は、ちょっとした工夫があれば意外と気軽に参加できるもの。フェスのコツを知ってこの夏一番の思い出をつくりませんか?

出典:ファンファン福岡

 福岡の夏を彩るイベントといえば、ライブの熱狂を1日中体験できる音楽フェス! 今年も福岡県内では恒例の大型野外イベント、屋内やオールナイトで実施されるものなど、多彩なフェスが開催されます。数々のミュージシャンを輩出した音楽の街・福岡だから、音楽フェスに通ったことがある人は多いはず。

出典:ファンファン福岡

 とはいえ、年齢を重ねるにつれて足が遠のいた人もいるのでは? そこで、毎年欠かさず参加する“フェス好きさん”に、大人が楽しめるポイントをリサーチ。久々の人も思わず行きたくなるフェス“再”入門のススメ! 初心者も必見の情報満載ですよ。

目次

フェス歴20年 広瀬さんに聞く子連れフェスの心得

自然の中で遊びながら音楽に触れよう!

出典:ファンファン福岡

 「糸島市で開かれる「Sunset Live(サンセット ライブ)」をはじめ、福岡のフェス会場はビーチなどが近いので、家族で遊びながら音楽が聴けるのも醍醐味(だいごみ)。子どもがライブに参加できるよう音源を一緒に聴き込んでおくのもオススメです。子どもの耳を大音量から保護するイヤーマフも用意しておきましょう」と「コドモディスコ」代表 広瀬カナエさん(福岡県小郡市在住)。

ファッションから楽しむ夏フェス

 ファッション性も機能性も備えたアウトドアウエアを、ショップで聞きました!

出典:ファンファン福岡

 「サラリと涼しい新素材「オムニフリーズゼロ」のウエアは日常使いにもオススメ!」とコロンビアスポーツウェア スタッフの安沢涼夏さん。

(1)ベスト  身軽に動くならポケット付きベストが便利。貴重品や雨具が収納できる、バッグいらずの優れもの。 (2)Tシャツ  日中の大敵・汗は、水分を利用して体を冷やす新素材Tシャツで対策を。速乾、防臭などの機能がある生地もオススメ。 (3)シューズ  足元はフィット感があり、防水性と透湿性を備えたシューズを。盛り上がってジャンプしてもOK!

▼子連れのパパ、ママには  荷物が多いパパ、ママは防水で軽い大容量リュックで。

出典:ファンファン福岡

▼雨のときは  雨具は必須。蒸れにくく携帯しやすいポンチョが◎。(写真ヌケ)

▼あると便利! ちょい足しアイテム ●サコッシュ  街でも重宝する小型バッグ。ファッションのワンポイントにも。

出典:ファンファン福岡

●ペットボトルホルダー  会場で買ったペットボトルを気軽に携帯できるカラビナ付きホルダー。

出典:ファンファン福岡

〈掲載商品〉 コロンビアスポーツウェア アミュプラザ博多店 住所:福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ アミュプラザ博多7階

プロカメラマンに聞くフェスの過ごし方

 真昼の猛暑でも雨天時でも、シャッターを切り続けるカメラマン。さまざまな会場で実践してきた“フェスを快適に過ごすコツ”を教えて!

出典:ファンファン福岡

カメラマン 田中 紀彦さん 撮影歴20年。福岡を拠点に活動。音楽ライブやフェスの撮影を得意としています。

(1)水分補給は何よりも大事!  汗の出る量が多いので、トイレを気にせず水分を摂取して。汗で失われる塩分を手軽に補う「塩タブレット」も忘れずに。

出典:ファンファン福岡

(2)会場マップをフル活用すべし  最近の会場は休憩所や体調が悪い時の救護所が完備されています。事前に会場マップを持って歩いて確認しておくと安心です。 (3)自分の体調と相談して攻めよう  最前列で音楽に浸るのもいいけれど、体調を崩した時に休憩所に戻るのは時間がかかります。きついと感じたら早めに休憩を。合間に遊んだり、“フェス飯”をハシゴしたりとリフレッシュして。 (4)ファミリーならベースを確保しよう  多くの会場に、ステージ周りのゾーンから少し離れた芝生ゾーンが用意されています。家族連れや複数人で参加する場合は、貴重品以外の荷物を置く場所があると便利。テント設置OKのフェスなどもあるので、事前に確認を。

出典:ファンファン福岡

ファミリーでもしっかりと楽しむ

子ども連れで参加するなら、休憩スペースやフェス以外の楽しみも準備を!

 「まず、会場でキッズゾーンやおむつ替えスペースを把握し、子どもが安全にくつろげる場所を確保しましょう。テントが張れる会場なら、簡易テントがあると便利。フリスビーなど外で遊べるおもちゃを準備したり、フェス後のキャンプや車中泊などを計画したりするのもおすすめです。キッズ&ファミリーエリアを完備したフェスも増えていますよ」と、広瀬さん。

これがあれば安心! リュックの中身チェックリスト

【基本編】 □塩あめ・タブレット □日焼け止め □救急セット □モバイルバッテリー □タオル □雨具(ポンチョなど) □ごみ袋 【ファミリー編】 □ウエットティッシュ □イヤーマフ □おもちゃ □レジャーシート 【あれば便利】 □アウトドアチェア □簡易テント

2019年 福岡で開催 フェスガイド

★:キッズ&ファミリーエリア有

夏びらきMUSIC FESTIVAL(ミュージックフェスティバル)2019 福岡 ★

出典:ファンファン福岡

実施日:7月6日(土)・7(日) 場所:天神コア屋上(福岡市中央区天神)  家族でも楽しめる街中フェス。キッズエリアや授乳所、おむつ交換所を備えた子連れに優しいフェスです。

NUMBER SHOT(ナンバーショット) 2019

出典:ファンファン福岡

実施日:7月20日(土)・21日(日) 場所:海の中道海浜公園(福岡市東区西戸崎)  福岡の大型夏フェスです。多彩なジャンルのミュージシャン43組が集結する音楽フェス。 ※7月21日のチケットは完売

MUSIC CIRCUS FUKUOKA(ミュージック サーカス フクオカ)

実施日:7月13日(土) 場所:福岡 ヤフオク!ドーム(福岡市中央区地行浜)  ドームで朝まで開催されるクラブ型フェス。大阪発のオールナイトで開催されるダンスミュージックフェスです。

a-nation 2019 FUKUOKA powered by GALAPAGOS(エーネーション フクオカ)

実施日:8月3日(土) 場所:シーサイドももち海浜公園地行浜地区 特設会場(福岡市中央区地行浜)  国内最大級の音楽フェスが福岡で。エイベックスグループが主催する音楽フェスです。

TRIANGLE(トライアングル)’19

実施日:8月31日(土)・9月1日(日) 場所:シーサイドももち海浜公園地行浜地区 特設会場(福岡市中央区地行浜)  ライブハウス発の野外ロック・フェス。ラウドロック系の人気バンドが多数出演。盛り上がること間違いなし。

ISLA DE SALSA World Beat Festival(イスラ デ サルサ ワールド ビート)2019 ★

実施日:8月31日(土)・9月1日(日) 場所:能古島キャンプ村(福岡市西区能古島)  国際色豊かなラインアップが魅力! キューバのダンスミュージックなど国内外のミュージシャンによるライブと、美しい夕日が見もの。

Sunset Live(サンセット ライブ)2019 ★

実施日:9月7日(土)・8日(日) 場所:芥屋海水浴場(糸島市志摩芥屋)  家族連れも夏祭り気分でのんびり参加でき、多種多様なライブをビーチで楽しめます。子ども向けの遊具や事前予約制の託児所も完備。

宗像フェス-Fukutsu Koinoura(フクオカ コイノウラ)- ★

実施日:9月21日(土)・22日(日) 場所:福津・恋の浦 野外ステージ(福津市渡)  ラストを飾る約20分間の音楽花火も圧巻! 豪華出演者によるコンサートと、その後の“音楽花火”は必見! 駐車は予約した人以外NGなので注意。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる