「福岡で造る、飲む」こだわりのクラフトビールで秋を満喫!

 ビールの本場・ドイツ発祥のビールフェスが福岡でも開かれるなど、今話題のクラフトビール。今回は、福岡市内にあるビール醸造所を併設したブルワリーパブやオリジナルビールを味わえるお店を紹介します。

出典:ファンファン福岡
目次

ビール大好きマナブさんに聞きました!

 「クラフトビールとは一般的に、小規模なビール醸造所で、職人が味や素材にこだわって造った高品質なビールのことを言います。昨今ではイベントやSNSで人気が高まり、福岡市内でも2013年ごろからクラフトビールを味わえる店が増えてきました」とビールマニアのマナブさんは話します。

出典:ファンファン福岡

 「実はビールには100以上のスタイル(種類)があり、味も香りも多様。ビールの温度や注ぐグラスによっても味が変化するので、苦手意識がある人でも、きっと好みのスタイルが見つかるはずです。ビールの世界は自由で楽しいですよ!」と教えてくれます。

<マナブさん>  ビール好きが高じて2008年からWebサイト「ビールダイスキドットコム」を主宰し、同名のフリーペーパーを年数回発行。九州にあるビアバーは、ほぼ全店を制覇!

出典:ファンファン福岡

福岡市内で個性豊かな各店自慢のクラフトビールを飲みに行こう!

【1】THE BREWMASTER(ザ ブルーマスター)

地元・九州の素材を使ったスッキリ系ビールを楽しむなら

 醸造所を眺めつつビールを堪能できるブルワリーパブ。定番ビール6種類と、不定期で限定品も味わえます。フードは「殻付きピーナツ」と「枝豆」(各350円)のみ用意。

出典:ファンファン福岡
出典:ファンファン福岡

 「日本の食に合うビールを目指しています。香りの原料・ホップを効かせているので、苦味はありつつも香りが良くすっきりとした味わいが特徴です」と営業の渡邊雄介さん。

【写真ヌケ:テークアウト用の瓶詰めタイプも】 【写真ヌケ:4人掛けのテーブル席が2つ】

【THE BREWMASTER】 住所:城南区別府1-19-1 電話:092-841-6336 営業:12:00〜18:00 日曜、祝日休(不定休あり)

【2】地ビール&ピッツァ オークラブルワリー

パリッパリのピッツァと オリジナルビールで乾杯!

 ホテルオークラ福岡内にある、ブルワリー併設のビアレストラン。シェフが実際にスペインとイタリアに足を運び、「ビールに合う」と思った料理を提供しています。オリジナルビールとの相性は抜群です。

出典:ファンファン福岡

 醸造責任者の庄子孝平さんは「ビールの苦手な方や初心者にも好きになって欲しいので、どのスタイルも飲みやすく仕上げています。期間限定の醸造ビールもありますよ!」と話します。

出典:ファンファン福岡

【写真ヌケ:ピザ釜で焼き上げた「マルゲリータ」1,404円(30cm)、「海老と茸のアヒージョ」864円、「タパス(3種)」648円】 【写真ヌケ:醸造タンクが見える店内】

【地ビール&ピッツァ オークラブルワリー】 住所:博多区下川端町3-2 ホテルオークラ福岡 地下1階 電話:092-262-1176 営業:17:00~22:30、土・日曜、祝日11:30~14:30、17:00~21:30 月曜休(祝日の場合は営業) ※料金は別途サービス料加算

【3】FUKUOKA CRAFT(フクオカ クラフト)

アメリカンスタイルのビールを 本格メキシコ料理とともに

 福岡市内でおなじみのメキシコ料理店「エルボラーチョ」の姉妹店。タコスなどと一緒に、店内で醸造したオリジナルビールと世界中のクラフトビールが、缶・ボトルを含め常時30種類以上楽しめます。

出典:ファンファン福岡

 「ホップを強く効かせたアメリカンスタイルの醸造です。フルーツのような風味と複雑な味わいが引き出された、インパクトの強いビールです」と醸造家のディビット・ビクターさん。

出典:ファンファン福岡

【写真ヌケ:「ビーフ&ビーンズタコス」618円とハラペーニョが効いた「メキシカンピクルス」411円】 【写真ヌケ:オープンな造りと白い壁が目印】

【FUKUOKA CRAFT(フクオカ クラフト)】 住所:中央区大名1-11-4 1階 電話:092-791-1494 営業:17:00~2:00(L.O.1:00)、土・日曜、祝日15:00~ 元日休

【4】住吉酒販 六本松421店

軽やかで希少なビールと手作りフードがベストマッチ!

 だしを効かせた手作りおつまみが人気で、食材も産地まで足を運んで選んだこだわりの品。自慢のオリジナルビール「住吉IPA」との相性を楽しんで。「住吉IPA」は、同店と東京の日比谷店のみで提供している希少なビールです。

出典:ファンファン福岡

 「『住吉IPA』は、飲み応えがありつつも、軽やかな味わいです。ホップをふんだんに使った爽やかな香りと苦味がクセになりますよ。」とスタッフの上山優貴さん。

出典:ファンファン福岡

【写真ヌケ:奥から時計回りに「鯛出汁(だし)プリン」432円、「住吉ポテサラ」270円、「無添加自家製塩麹(こうじ)ジャーキー」648円】 【写真ヌケ:店舗前のテーブル席も利用可能】

【住吉酒販 六本松421店】 住所:中央区六本松4-2-1 2階 六本松421 蔦屋書店内 電話:092-406-7258 営業:12:00~21:00(L.O.20:30)

【5】あすなろブルワリー

地下鉄千代県庁口駅そばのおしゃれな空間で味わう1杯!

 ドイツで半年間修業した店主が造るオリジナルビール1種類と、九州などのクラフトビール3種類が楽しめます。店主手作りのクリームチーズや煮物、ピザなどフードも充実。

出典:ファンファン福岡

 「女性にもたくさん飲んでいただきたくて、苦過ぎず、かんきつ系の香りと麦芽の甘味を感じられる、弱炭酸のビールに仕上げました」と店主の村井真吾さん。

出典:ファンファン福岡

【写真ヌケ:3種のチーズセット「生ハムとチーズクラッカーを添えて」800円】 【写真ヌケ:「女性も入りやすいようなインテリアを意識した」という店内はカフェのような雰囲気】

【あすなろブルワリー】 住所:博多区千代4-6-3 えびすガーデン1階 電話:092-710-4842 営業:18:00~24:00(L.O.23:30) ※9月は17:30~ 日・月曜休(月曜が祝日の場合は、日曜営業で月曜休)

〈ちょっと足を延ばして〉酒蔵ビール「杉能舎(すぎのや)」訪問 !

【写真ヌケ:杉能舎外観】 【写真ヌケ:酒蔵ピザ】

 杉能舎は創業140年の造り酒屋。敷地内にある「麦酒工房」では、飲みやすさにこだわったオリジナルビール3種類と季節の限定ビール1種類を料理とともに楽しめます。おすすめは、酒粕に漬け込んだ豚トロ入りの「酒蔵ピザ」(1,000円)。 《酒蔵見学》  隣接する酒蔵には、酒造りの古い道具などが、資料館のように展示されています。

出典:ファンファン福岡

《自家製ベーグル》 酒粕を練り込んだ、もっちりとしたベーグル180~250円が並ぶパン売り場もあります。

出典:ファンファン福岡

《テラス席》 開放感のあるテラス席でも、食事やビールを自由に楽しめます。大人数でもOK!

出典:ファンファン福岡

【酒蔵ビール「杉能舎(すぎのや)」】 住所:西区元岡1442 電話:092-806-1186 営業:11:00~16:00、土・日曜~17:00 1月1日~3日休

杉能舎 Craft Sake&Beer

 杉能舎のビールを気軽に味わってほしいと九大学研都市駅前に7月にオープン。できたてのビールはもちろん、本店にはないフードメニューにも注目です。

出典:ファンファン福岡

【杉能舎 Craft Sake & Beer(すぎのや クラフト サケ アンド ビアー)】 住所:西区北原1-7-9 グランレガーロII 1階 電話:092-806-1186(杉能舎) 営業:17:30~23:00、土・日曜、祝日11:30~15:00、17:30~23:00 水曜休

【BEER EVENT】 福岡オクトーバーフェスト2019

 毎年多くのビール好きでにぎわうビールの祭典! 20種類以上のビールをはじめ、ソーセージやプレッツェルなどのドイツグルメも大集合。ステージでは来日した楽団が陽気な音楽を奏で、会場を盛り上げます。

出典:ファンファン福岡

【福岡オクトーバーフェスト2019】 日時:10月18日(金)~27日(日)16:00~22:00(L.O.21:40)※土・日曜 11:00~ 場所:冷泉公園(福岡市博多区) ※10月1日からの消費税率改定により金額の変更の可能性があります

※情報は2019.9.26時点のものです

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる