タイ・バンコクのカフェ巡り その1

 私自身は15回目(あまり覚えていないのですが)くらいの訪問となるタイ。バンコクはスカイバーに代表されるハイセンスなシティリゾートといえますが、今回はタイらしい人々の生活が感じられるヤワラート(中華街)近くの、おしゃれでタイプの違うカフェ3軒を紹介します。

出典:ファンファン福岡

CHATA Specialty Coffee  MRTの新駅「ワット・モンコン」から徒歩で向かいます。路地の奥に入っていくとコロニアル風のすてきな建物が見えてきます。ブティックホテルの「BAAN2459」と隣接している、ガラス張りのおしゃれなカフェ「CHATA」です。スペシャリティコーヒーやホームメイドのケーキが楽しめます。古い建物をリノベーションしているせいか、静かで落ち着いた雰囲気が居心地いいです。

出典:ファンファン福岡

CHATA Specialty Coffee Ban Rim Nam Café チャオプラヤ川沿いにある、19世紀初頭の倉庫街を利用したレストランカフェ。カレーや軽食のほか、ハーブを使ったカクテルや飲み物、ジュースも楽しめます。時がたつのを忘れてのんびりできます。

出典:ファンファン福岡

Ban Rim Nam CaféWarehouse30  古い倉庫をリノベーションし、おしゃれなカフェやギャラリー、家具ショールーム、ブティックや雑貨屋が入った2017年にオープンした複合施設。地元バンコクの若者にも人気のホットスポットです。カフェ「Li-Bra-Ry」の巨大なロースターで焙煎されたコーヒーで癒やされて、タイデザインの雑貨のお気に入りを見つけてみましょう。

出典:ファンファン福岡

Warehouse30 住所:52-60 Charoen Krung Rd, Khwaeng Bang Rak, Khet Bang Rak 営業:10:00~20:00 アクセス:MRTフアランポーン駅・BTSサパーンタクシン駅からタクシー約5分、徒歩約20分 BTSサパーンタクシン駅からチャオプラヤエクスプレス(船)に乗り換え、シープラヤ(Si-Phraya)船着場から徒歩約1分

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる