冬の長崎県佐世保市を遊ぶ! 編集部おすすめ家族向け1日プラン☆

 冬の休みのお出掛けに長崎県佐世保市はいかが? 福岡市を朝出発して車で約1時間30分(博多―佐世保みなとIC)。絶景「九十九島(くじゅうくしま)」や「九十九島かき」、世界最大規模のイルミネーションが待っています。  お昼はかきを堪能し、夜はハウステンボスでイルミネーションを楽しむ。ファミリーにおすすめしたい1日プランを編集部が体験してきました!

目次

<パールシーリゾート> 11:00~ ■遊覧船 珍しい地形が生み出す自然 九十九島を船で楽しむ

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 208の島々が点在し、日本一の島の密度を誇る「九十九島」は国際NGO「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟認定されました。そんな九十九島の大自然が楽しめるレジャー施設「パールシーリゾート」では遊覧船「パールクィーン」や海賊遊覧船「みらい」のクルージング(約50分)で島の美しさを知ることができます。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 おすすめランチは「九十九島リラクルーズ食事付きプラン」(午前11時頃/午後1時半頃、所要時間2時間30分、要事前予約)。海上のいかだで九十九島の絶品かきやヒオウギ貝を味わえます。

12:00~ ■九十九島水族館 海きらら デビューしたての子イルカ「アイル」に、九十九島の海を再現した大水槽も

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 海きららで昨年誕生したイルカの「アイル」。9月に1才になり、プログラムデビューしました。ジャンプやボールにタッチする種目などにチャレンジ! 思わず応援したくなります。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 約120種類13,000匹が泳ぐ九十九島の海を再現した大水槽は迫力満点です。11種類300匹が泳ぐ「クラゲシンフォニードーム」や真珠の玉出し体験(1回600円)など、九十九島の地形の特色を生かした展示に目が釘付けに。

パールシーリゾート

住所:長崎県佐世保市鹿子前町1008番地 電話:0956-28-4187 営業:海きらら9:00~17:00(最終入館16:30)※11~2月 遊覧船の出航時刻はホームページ

パールシーリゾート

13:00~ ■かき小屋 名物・海上イカダで焼いて味わう!1年中かきを提供「マルモ水産」

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 海上イカダの上に建てられたかき小屋で炭火焼きのかきを楽しむなら「マルモ水産」。潮の香りに包まれて新鮮な魚介類を味わいます。夏は「岩牡蠣」、冬は「真牡蠣」と1年中、九十九島のかきが食べられます。

マルモ水産 九十九島海上かき小屋

住所:長崎県佐世保市船越町944 電話:0956-28-0602 営業:9:00~17:00

マルモ水産 九十九島海上かき小屋

<耳寄りイベント情報>

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 「九十九島かき」は身が締まっていて濃厚。11月と2月にパールシーリゾートで開催されている「九十九島かき食うカキ祭り」には遠方から駆け付けるファンも多いとか。次回は2020年2月1日(土)~3月1日(日)の土・日曜、祝日に開催予定の「第19回九十九島かき食うカキ祭り・冬の陣」です。 ※詳しくはパールシーの公式ホームページへ

<絶景ポイント> ■展海峰(てんかいほう) 眼前に広がる大パノラマ!九十九島の絶景にうっとり

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 目の前に九十九島のパノラマが180度広がる、佐世保市でも人気のスポットです。同じ敷地内にある軽飲食店「半島キッチン ツッテホッテ」は地域の旬の“おいしい”を手軽にイートイン、テークアウトでき多くの人でにぎわっています。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 漁師さんによる一本釣りの鮮魚「ツ(釣)ッテ」と、ミネラル豊かな畑で育った山の幸「ホ(掘)ッテ」を地域の人たちのアイデアを取り入れたレシピで商品化。俵ヶ浦半島で取れた新鮮な食材を使った「俵コロッケ」(180円)や「酵素ドリンク」(400円)は人気メニュー。

展海峰

住所:長崎県佐世保市下船越町399 電話:0956-22-6630(佐世保観光情報センター)

展海峰

半島キッチン ツッテホッテ

住所:長崎県佐世保市下船越町403 営業:9:00~18:00 ※水曜休 電話:0956-28-3241(ツッテホッテ)

半島キッチン ツッテホッテ

<ハウステンボス> ■光の王国 初登場「白銀の世界」 毎日没には点灯式も

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 夜は1,300万球のイルミネーションが輝くハウステンボス「光の王国」を満喫! 午後3時から入場可能な「アフター3パスポート」や同6時から入場可能な「アフター6パスポート」をお得に利用しましょう。アトラクション施設も入場可能ですよ。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 今年初登場の「白銀の世界」は電球のカラーを白で統一。10,000個のクリスタルがきらめく高さ15mのツリーや夜空の下で壮麗に輝くチャペルを見ていると厳かな気持ちになります。チャペル内に12月25日(水)まで設置されているポストは、「1年後のクリスマス」に手紙が届く、特別な仕掛け。家族で贈り合って来年の楽しみにしてみては。  日没時間に毎日点灯式も行われ、光と音楽のショーも楽しめます。白銀のイルミネーションを楽しみながら、クリスマスムードを堪能できる「クリスマスマーケット」も開催中です。7万球のLEDがともる「光の観覧車」から眺める景色に酔いしれて。

☆ここもポイント☆おかえりサニー号! 〝麦わらの一味〟の気分に

出典:(C) 尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

 人気アニメ「ONE PIECE(ワンピース)」に登場するサウザンド・サニー号が約4年ぶりに入港します。船内にはファンなら見逃せないフォトスポットなどが出現! 港には限定ショップもオープンし、ここでしか手に入らない“お宝”も並びます。〝麦わらの一味〟になりきって!

ハウステンボス

住所:佐世保市ハウステンボス町1-1 電話:0570-064-110

ハウステンボス

企画・制作/西日本新聞社メディアビジネス局

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる