「おおいた暮らしモニターツアー 臼杵、津久見」を体験しませんか?

 温泉や食など自然の恵み豊かで、移住先として人気の大分県を訪れる「おおいた暮らしモニターツアー」。今回は2020年1月18日(土)~19日(日)、1泊2日で臼杵市、津久見市を巡り、地域おこし協力隊との交流やワークショップなどを体験するツアーの参加者を募集中です(福岡県在住で大分県への移住に興味がある女性対象)。

目次

臼杵市で城下町の空き家を見学

 リアス式海岸と緑豊かな山林、田園風景が広がり、美しい自然があふれる臼杵市。国宝の臼杵石仏や室町時代に形成された城下町の情緒を残す、“歴史と文化が薫(かお)るまち”でもあります。ツアーでは「二王座歴史の道」の散策や線香作り体験の後、城下町エリアの空き家を見学します。市内の農家民宿に宿泊し、温かな交流を楽しみましょう。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

津久見市でミカンの収穫を体験

 津久見市は豊富な石灰岩によるセメント産業とミカン栽培で栄えた町。明治時代から続くマグロ遠洋漁業の島・保戸島をはじめ、マグロやブリなど海の幸が豊富な地としても知られています。ここでは県外から移住してきた地域おこし協力隊の隊員との交流や、空き家バンクに登録されている家屋の見学、ミカン狩りを楽しめます。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

おおいた暮らしモニターツアー 臼杵・津久見 1泊2日 ※抽選

日程:2020年1月18日(土)~19日(日) 参加条件:福岡県在住で、大分県への移住に興味がある女性 旅行代金:1人6,000円 ※税込み 食事:朝食1回、昼食2回、夕食1回 定員:15人(最少催行人員5人) 添乗員:同行 【利用するバス会社またはジャンボタクシー会社】 福岡伊都バス、JR九州バス、パンダタクシー、昭和自動車 申し込み:西日本新聞旅行ホームページから、またはFAX、メールで [1]ツアー名[2]氏名[3]年齢 [4]郵便番号、住所[5]電話番号[6]ツアーに参加しようと思った理由を明記 締め切り:12月25日(水)必着 ※このモニターツアーの旅行代金の一部は大分県の補助を受けています。事前事後のアンケートに協力を。

申込みはこちら(西日本新聞旅行)

ツアー概要

【1日目】 JR博多駅に集合、大分県臼杵市へ(8:30ごろ出発) →臼杵市観光交流プラザで地域おこし協力隊と交流 →昼食 →「二王座歴史の道」を散策 →線香作り体験 →城下町エリアの空き家を見学 →農家民宿に宿泊 【2日目】 津久見市へ(9:10ごろ出発) →津久見市の地域おこし協力隊によるワークショップ、移住支援制度などの説明 →昼食 →空き家の見学 →ミカン狩り体験 →つくみん公園散策(物産館「うみえーるつくみんち」で買い物) →JR博多駅着(19:00ごろ)

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

西日本新聞旅行 住所:福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館14階 電話:092-711-5518 FAX:092-711-1969 Eメール:ryoko@nnpryoko.co.jp 営業:9:30~17:45 土・日曜、祝日休 旅行企画・実施/西日本新聞旅行(日本旅行業協会正会員 観光庁長官登録旅行業第545号)

西日本新聞旅行ホームページ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる