夫がポンコツ!? 解約手続きを任せたら、逆にお金を取られる事態に

 元小学校教師の冬野はなです。私は過去に引っ越しを5回経験しています。引っ越しの際の諸手続きって、面倒ですよね。我が家の話ですが、引っ越しのバタバタも重なって、大事になってしまったことがありました。

目次

手続きが多くて頭がパンク寸前!

出典:写真AC

 念願のマイホームを建てたので、引っ越しをすることになった時の話です。私は通算5回の引っ越し経験がありましたが、夫は2回目の引っ越しでした。  引っ越しの準備って荷造りだけでも大変なのに、手続きは旧居側も新居側もすることがあって、本当に大変です。  転居手続きから印鑑登録の廃止など役所関連のもの、郵便局での転送手続き、インターネットプロバイダの解約手続き、電気ガス水道の停止手続きなど、やること、考えることが多すぎて頭がパンクしそうになります。  それに加えて我が家は注文住宅で家を建てていたので、引っ越しの準備中も新居の打ち合わせや書類の提出、ローンの締結などやることが多くて泣きそうでした。  夫はというと、一緒に考えてはくれるのですが、あまり一人で率先して進めてくれるタイプではありません。何でも後手に回ってしまい、結局私が一人でする方が早いので、今までもあまり夫に任せず意見だけ聞くスタイルで進めてきました。  ですが、いよいよ引っ越し1週間前と迫ってきた時に、やることが多すぎて私のイライラがMAXに。これではだめだと思い、夫にはネットの解約手続きを任せてみました。

解約届け受理の通知がこない

出典:写真AC

 夫はネットやパソコン関係に詳しい人なので、お手の物だと思い任せてみたのですが、引っ越し3日前になっても解約届けを受理したというメールがきません。  夫に何度確認しても、「ちゃんと手続きしたから!」と言い張ります。大の大人にあまり言うのも…と思い、もうしばらく様子をみることにしました。  ですが、引っ越し前夜になってもなんの通知もなく、さすがに私も不安になってきました。

まさかの新規契約!?

出典:写真AC

 解約届け受理のメールが届くのは夫のメールアドレスでした。夫は信用されていないのが不服なのか、メールを見せるのも嫌がっていました。しかし、ただでさえお金がかかる時に、引っ越し後に旧居のお金を払うのは嫌なので私も必死です。  頼み込んで夫のメールサーバーを確認させてもらうと、やはり解約届け受理のメールは届いていませんでした。  さすがにおかしいと思い、他のメールも確認していると、「新規契約」の文字が目に留まりました。相手はこちらが解約手続きをするAA社とは違う、姉妹会社ABのネットプロバイダ。  夫に一つ一つ振り返ってもらうと、どうやらAA社に解約手続きしたのではなく、間違ってAB社のホームページにいき、住所など入力したのが新規の契約ページだったのです。  そんなことがあるのかと驚愕でしたが、いつもきちんと読まずに流し読みして承諾してしまうことが多い人なので、納得しました。

費用はかかるの…!?

 新規契約してしまったAB社に訳を話すと、開通する前だったので解約手数料も含めてお金を払わずにすみました。  私が確認しながらAA社の解約手続きも無事に済ませて事なきを得ましたが、かなり不安になる経験でした。  夫に任せたものの、忙しい時にかえって手間取ってしまい、今後夫には事務手続きは任せないようにしようと固く心に決めた出来事となりました。 (ファンファン福岡公式ライター/冬野はな)

今?このタイミングで!?子どもができて感じる転勤族の苦悩…人生設計が変わった女性達

新築一戸建てを検討中、義母から同居を迫られました

亭主関白な旦那が呟いた「ある一言」でスッキリした話

親戚への新築祝いおすすめ商品13選

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる