地産地消の野菜や弁当を販売!「花の花農園」がイムズにOPEN♪

 イムズ(福岡市中央区)に2月12日(金)から、野菜や加工食品、循環型生活を可能にするコンポストなどの販売を行う「花の花農園」がオープンしています。

目次

食を通じて“持続可能な社会”を実践するショップ「花の花農園」

出典:イムズ

 障がい者自立支援給付事業者であるNPO法人「花の花」が販売を行う「花の花農園」では、農家こだわりの野菜や加工品、ビーガン弁当、自然栽培米のおにぎり、酵素玄米、味噌スープなど、ランチのテイクアウトがそろうオーガニック食品セレクトショップです。  2月下旬にはイムズの屋上に、ミニファームも登場。ミニファームの野菜は生ごみなどを分解し堆肥化させる「コンポスト」を使い、収穫した野菜はショップで販売される予定です。サスティナブルな社会(SDGs)に興味がある人は必見のショップですよ。

出典:イムズ

 ショップの中心には大きなテーブルも。今後はコンポストの寄せ植えや、自家農園で取れた蜜蝋を使ったろう作りなどのワークショップも開催予定とのことです! 楽しみですね♪

出典:イムズ

花の花農園

オープン日:2月12日(金) 場所:イムズ6階(福岡市中央区天神1-7-11) 時間:10:00~20:00 電話番号:092-707-0566

花の花 公式サイト

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる