イタリアンの名店が作る華やかなおむすび【糸島おむすび ふちがみ】

 福岡市地下鉄博多駅を筑紫口側に上がってすぐ、JR博多駅の新幹線中央改札口近くに、九州の人気グルメ店が並ぶ「博多デイトス いっぴん通り」(福岡市博多区)があります。ここに2月1日にオープンした「糸島おむすび ふちがみ」は、イタリアンの名店「DA FUCHIGAMI HAKATA(ダ フチガミ博多)」(同区)がプロデュースする新時代のおむすび店です。

目次

お土産にしたくなる! 着色料を使わず食材の天然の色を生かして

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 1日に11~13種類のカラフルなおむすびと、それらに合う和食とイタリアンのおかずオードブル約5種類が並ぶ、テークアウト専門店。  おむすびは、1個70g前後の2、3口で食べられる小ぶりなサイズなので、子どもや年配者、いろんな味をあれこれ食べたい女性、手を汚さずさっと食べたい移動中のビジネスマンなどにも喜ばれそうです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 なぜ、おにぎりではなく「おむすび」なのでしょうか。同店の代表で「ダ フチガミ博多」シェフでもある渕上兼督さんに聞いてみました。  「食は、食卓で人を“結び”ますよね。一人暮らしだとしても、華やかな見た目の食べ物は感性を刺激し、SNSに投稿したりお土産にして誰かに伝えたくなったりするのではないでしょうか。誰かと誰かを結ぶ存在でありたい、そんな思いを込めています」と話してくれました。

出典:糸島おむすび ふちがみ

 長く培ってきたイタリアンの技術を融合させて、新しい店を作りたいと考えていた渕上さん。新型コロナの流行もあり、気軽に家で食べられて、レストランに出かけられない人にも食の楽しさを提供できるものを、と行き着いたのがおむすびだったそうです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 家庭ではなかなかできない彩りと風味を追求したこれらのおむすびは、常温で一番おいしく楽しめるよう工夫されています。

 コメは「糸島天領米」を同店用に独自に配合。今から200年ほど前に干拓された福岡県糸島市の千早新田は、幕府直轄の天領地として大切に管理され、今も良質なコメが作られている農地。そこで三代続く農家が育てる「糸島天領米」は、粒が大きくしっかりした歯応えで、かむごとに口の中に甘味とうま味が広がるのが特徴といいます。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 ひと口食べてまず気付くのは、ほろりとほどける握り具合。コメひと粒ずつの食感を大事にするため、機械で形を整えた後に、人の手でふわっと握って仕上げるという手間のかけようです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 さらに特徴的なのが天然の彩り。例えばピンクはビーツやシソ、黄色はサフランを入れたブイヤベース、緑は抹茶やホウレン草、黒はイカ墨などを使います。「シンプルだからこそ、創造性が試される。おむすびは奥が深いですね」と渕上さんは笑顔の中に自信をのぞかせます。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 ベースとなるのは「十穀米」「ブイヤベース」「イカスミ」など7種類で、人気が高いのは、ピンク色をしたビーツという野菜の色素を生かした「梅・ビーツ」。これに、かつお節をトッピングした「おかか」(259円税込み)や、熊本県天草産のタイを使った「網焼き塩麹(こうじ)鯛」(291円)はお土産にしたくなる華やかさです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 また、「1日数量限定スペシャル」でわずかな数だけ店頭に置かれる「イタリア塩キャビア」(810円)は、オープンから完売が続いている人気商品です。イタリアのヴェネト州産キャビアの、とろけるような食感とぜいたくな風味が際立っています。

出典:糸島おむすび ふちがみ

 3月の限定おむすびは、数種類の貝でとっただしで炊いたコメに菜の花と桜の塩漬けを合わせた春らしいメニュー。今後も季節に合わせた限定品を開発するそうなので、SNSをマメにチェックしてみてください。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp
出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 おむすび3個とがめ煮のお得なセット(540円)もあり、これからの季節は、花見などにもぴったりですね。

出典:糸島おむすび ふちがみ

糸島おむすび ふちがみ

住所:福岡市博多区博多駅中央街1−1 JR博多シティ1階 いっぴん通り 電話:092-409-1158 営業:7:00~21:00 無休(施設の休業日に準ずる) インスタグラム:@ofuchigami

糸島おむすび ふちがみ

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる