【めんたい料理 博多椒房庵】ピンチをチャンスに!<さきめし九州>

 「さきめし」は、食事のチケットを先払いで購入し、頑張っている飲食店を応援するプロジェクトです。「また食べに行くよ」の気持ちが、地域のお店の支えになります。ぜひ利用して応援の輪を広げましょう! 福岡県の登録店の中から、「めんたい料理 博多椒房庵(しょぼうあん)」(福岡市博多区)を紹介します。

目次

「博多らしさ満載の人気御膳をどうぞ」店長・千代丸芳弘さん

出典:めんたい料理 博多椒房庵

 店名の通り、自慢の「あごだしめんたいこ」を使ったさまざまな料理が楽しめる店です。看板メニューの「博多めん鯛(たい)まぶし」は、羽釜の炊きたてご飯の上に程よく脂ののったタイ、そしてあごだしめんたいこが1本ぜいたくにのった一品。そのままで、薬味を添えて、だしをかけて、と3通りのおいしさを存分に味わえます。  店長の千代丸芳弘さんに話を聞きました。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

―コロナ前後で、接客オペレーションや店内環境などは、どのように変わりましたか?  安心・安全な食事空間を提供できるよう、席数を減らして、ゆったりとしたレイアウトに変更しました。アルコール消毒の徹底、検温などスタッフの健康管理、マスクの着用など、できる限りの感染防止対策を徹底して営業を続けています。 ―コロナの影響で、特に大変だったことや苦労していることは何ですか?  一時休業や時短営業など、これまで通りにはいかない状況下で、どのように店舗を運営し、売上を確保するかということですね。それ以上に、なじみのお客さまとの関係性を絶やさず、スタッフのモチベーションも維持するなど、いろいろと気持ちの面での不安が大きかったように感じます。

出典:めんたい料理 博多椒房庵

―現在、コロナ対策で頑張っていること、工夫していることは何ですか?  「ピンチはチャンス」の発想で、できることから一つ一つ行動していくしかないと思っています。店内メニューを家庭でも手軽に味わえるよう試行錯誤を重ね、テークアウトやデリバリー販売もスタートしました。これからもスタッフ一丸となって、お客さまに喜んでいただける新たなチャレンジを続けます。 ―コロナ禍の中、どのような思いでお店を続けていますか? お客さまへのメッセージを。  これまでのような営業が当たり前ではなくなり、お客さまへの感謝やスタッフ同士の絆をいっそう強く感じるようになりました。どのように環境が変化しても、おいしい料理で笑顔があふれるレストランの原点を忘れることなく、愛される店を目指していきたいと思います。

めんたい料理 博多椒房庵

住所:福岡市博多区博多駅中央街1-1 アミュプラザ博多9階くうてん 電話:092-409-6611 営業:11:00~21:00(L.O.20:00)※施設に準ずる 休日:施設休館日に準ずる ※営業時間は変更される場合があります

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる