博多区美野島【焼鳥のけむまき】は安くて美味く居心地が良い空間だった

「美野島に良い焼鳥屋さんがある」と、とある先輩から教えてもらった【焼鳥のけむまき】。美野島と言えば、名店がたくさんある福岡のグルメスポット。その美野島で「美味しい」と言われているなら間違いないのでしょう。

目次

お店はサニー美野島店の前

JR博多駅・竹下駅、西鉄平尾駅・高宮駅、どの駅からも絶妙な距離がある美野島エリアですが、それでも通う価値があるお店が多いのも美野島エリアの特徴。【焼鳥のけむまき】はサニー美野島店の向かいにあります。

焼鳥のけむまき 外観

メニュー

こちらがグランドメニュー。

焼鳥は1本132円がボリュームゾーンです。

ドリンクはワインのボトル、焼酎のボトルキープもあります。

ある程度「おまかせ」で頼んでみた

一旦、大将に「おまかせ」で数品お願いしてみました。
まず出てきたのが「もちもちクリームチーズ」と「ミニトマトのピクルス」。

ワインに合いますね~(ミニトマトのピクルスは撮り忘れ)。

カウンター越しの一枚。
あの丸いやつは「必食!」とメニューに書いてある「たまねぎ巻」でしょう。

読みどおり「たまねぎ巻」でした。これウマッ。
酒がすすみます。

メニューにおすすめマークの「★」がついていた「白レバー(タレ)」。
みずみずしい!しかも1本のボリュームが結構あります。

ささみ(わさび醤油)
皮(タレ)
コーン
砂ズリ
特製チキン南蛮

もうこの段階で結構お腹も満たされ、ワインもボトルを空けたところですが(2人で)、やはりシメの炭水化物は欠かせません。

「洋風イカ飯」です。オシャレ、しかも美味。

そしてラストに「安納芋の生キャラメル和え」。

【焼鳥のけむまき】、アットホームで居心地が良い空間。大満喫しました。
串のひとつひとつがボリューミーで、味は間違いなし!
お会計はお酒をそこそこ飲んで(ワインのボトル含め)、1人4,000円程度でした。
ひとつ心残りとしては「けむまき自慢のつくね」を食べ損ねたこと。次は絶対つくね食べます!

焼鳥のけむまき

福岡市博多区美野島3-12-14

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

福岡市在住約15年。 カレーと多少のお酒をこよなく愛する会社員。「まずは定番メニューから攻める」が信条ですが、これからは新メニューにもどんどんチャレンジしていきます! インデアンカレーの福岡進出を心より祈念しております。

目次
閉じる