家でカフェランチ風! プロが教えるエビフライの盛り付けポイント

大人から子供までなじみのあるメニュー・エビフライ。家で用意するとエビフライの形が縦に長く、店で提供される時のような綺麗な盛り付けが難しい…と思うことはありませんか? 今回はそんな悩みをプロが解決! エビフライをカフェのランチででてくるようなおしゃれで綺麗な盛り付け方のコツを紹介します。ぜひ自宅で試してみてくださいね。

目次

盛り付けで気をつけるべきところは?

出典:合同会社HITOOMOI

エビフライをカフェのランチメニューのように、おしゃれですっきりと盛り付けるコツは 1. 盛り付け方法 2. 食器・カトラリー の2つのポイントがあります。 実際に写真付きでレクチャーするので、是非参考にしてみてください。

1. 盛り付け方法:ポイントは「食材を綺麗に見せる」こと

カフェのランチで出てくるエビフライは皿全体の食材がすっきりしていて、整っている印象を受けますよね。エビフライの盛り付けポイントは、盛り付ける食材を綺麗に見せるよう意識することです。 家庭だと揚げたり買ってきたものを平らに並べるだけになってしまうことも多いのではないでしょうか? 綺麗に見せるためには盛り付けで高さを出すことが大事です。そして、高さを出すためには、食材を重ねながら配置する必要があります。この時に食材をのせる順番や重ね方がポイントになるのです。 では、さっそくそのポイントをチェックしていきましょう。

1. エビフライの土台を作る

盛り付けでは、1番最初にエビフライを盛るのではなく、最初にエビフライを盛り付けるための土台を用意します。今回は千切りしたキャベツを使用します。ポイントは楕円形になるようにキャベツを盛ること。山盛りにするのではなく、楕円のように形を整えることで綺麗な印象になります。

出典:合同会社HITOOMOI

2. エビフライは重なるように盛り付ける

次に主役のエビフライを盛り付けます。ポイントは尻尾の部分を重ねて先ほどのキャベツにもたれかかるようにし、身の方は皿に合わせて扇のように広げながら盛り付けることです。こうすることで、皿の上で立体感が生まれるのでエビフライ自体がメインとして強調されます。また、3本が重なりながらまとまって盛り付けられることで、綺麗に仕上がります。

出典:合同会社HITOOMOI

3. 付け合わせはまとまりよく見せる

最後に付け合わせを盛り付けます。エビフライに使うタルタルソースは小さめのココットに入れて盛り付けましょう。普段はエビフライに直接かけることも多いかもしれませんが、あえてココットに入れて皿にのせると、丁寧に盛り付けられた印象が生まれます。 また、タルタルソースを直接かけずに分けておくことで、エビフライの衣も綺麗に見えますよ。この方法で盛り付けると、皿の上全体がすっきりとして食材それぞれが綺麗に見えるのでおすすめです。 その後、レモンやパセリなどお好みの付け合わせを飾ることで彩りもよく綺麗なエビフライプレートが出来上がります。

出典:合同会社HITOOMOI
出典:合同会社HITOOMOI

盛りつけポイントのおさらい

エビフライをカフェランチ風に見せるための盛り付けには、3つの工程・ポイントを意識しましょう。 1. エビフライの土台を作る 2. エビフライは重なるように盛り付ける 3. 付け合わせはまとまりよく見せる これらのポイントを押さえて、是非試してみてください!

2. 食器・カトラリー

出典:合同会社HITOOMOI

最後に、エビフライの盛り付けに使用した食器・カトラリーのポイントを紹介します。 (1)食器:丸皿を使用すること 丸皿:中央に主役のエビフライを重ねて盛り付けられるので、丸皿を使用することで存在感がより際立ちます。 (2)カトラリー:シンプルなデザインのものを使用すること フォーク:主役のエビフライが引き立つようにシンプルなものを使うと、すっきりとした印象になるのでおすすめです。 ランチョンマット:カフェでのランチイメージなのでおしゃれですっきりとした印象にするため、ストライプのような線や模様が均一になっているものがおすすめです。 ココット:皿の上に置くので白色で主張のないものを使用するのがおすすめです。

自宅でカフェ風エビフライを!

いかがでしたか? エビフライを綺麗に見せる盛り付けを意識するだけで一気に見た目の印象が変わりますよね。紹介したポイントをおさえながら、自宅でもカフェランチ風の盛り付けをチャレンジしてみてください。

家で洋食店風に! プロが教えるハンバーグを盛り付けるポイント

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる