それって私が怒られるとこ!? 孫至上主義の実父にイライラ

 数年前の年末年始、実家に帰省した時のことです。2歳の次男が椅子によじ登り、テーブル中央に置いておいたコップいっぱいのジュースをこぼしました。しかし、その場にいた父が怒ったのは、次男ではなく私の方だったのです。

目次

こぼれないようにテーブルの中心に置いたコップ

出典:写真AC

 実父におねだりして、コップいっぱいに注いでもらっていたジュース。ご飯の時間まであと少しだったというのに、2歳の次男は待ちきれなかったのでしょう。  ちょっと目を離した隙に椅子によじ登り、テーブル真ん中に置いておいたコップを倒してしまいました。  「コラ!」  テーブル一面に広がっただけでなく床まで流れ落ちたジュースを見て、次男を叱る私。今更叱ったところでどうなるわけではなくても、そこはしつけ。  たとえ悪意がなかったとしても、ダメなことはダメだと筋を通します。  しかし、今度は雑巾を取りに行ってる隙に、こぼれたジュースを手でバシャバシャと遊び始める始末。  次男は私が怒っているのが面白い様子で、ニヤニヤしながら手に付いたジュースを振りかけてきました。  「もう! いい加減にしなさい!!」  ジュースをこぼされただけでもイライラしているのに、着ている洋服まで汚された私は怒り心頭。有無を言わさず次男を小脇に抱え、急いでジュースを拭き始めました。  ところが、そんな私たちのやりとりを傍観していた実父が、驚きの発言をしたのです。

孫至上主義の実父

出典:写真AC

 「こぼされるようなところにジュースを置いておく方が悪い!」  「え!?」  ジュースをこぼさないようにと、テーブル中央に置いておいたコップ。これ以上、テーブルの上で安全なところってどこなんでしょう。手伝うことすらしないのに、信じられません。  「…私が怒られるところなの?」  「お前が悪い。」  そう言って、あとはだんまりを決め込む実父。そんな言動が、更に私を苛立たせます。  怒る私を他所に、「まだ小さいから、仕方ないよね~。」と、次男を抱き上げた実父。そのまま、ジュースも私も無視して、何事もなかったかのように次男と遊び始めたのです。  私は「キィーっ!!!」と叫びたい気持ちをぐっと我慢しました。  昭和生まれで、超亭主関白の実父。娘の私が何か言ったところで、取り合うことすらしません。  しかし、孫は別格なのでしょう。その後も甘やかしは続き、結果、次男は日に日に調子に乗っていきました。  東京にある実家には、帰れても年に2回が限度。久しぶりに会う孫が可愛いのは、よく分かります。  とは言え、実父にこんな態度を取られていては、私の立場がありません。「じーじなら何でも許してもらえる」と思った次男は、もうやりたい放題です。  こうして、帰宅後はワガママに拍車がかかった次男。また1から、しつけのやり直しです。孫を甘やかすのもほどほどにして欲しいと、実の親ながらイライラした出来事でした。 (ファンファン福岡公式ライター/yumeママ)

ポテサラおじさんの仲間入り? 炊事に対して優しくない夫

義家族とのグアム旅行は自由時間なし? 怒り爆発寸前の事件発生

片付けない夫と息子にブチ切れ! 私が取った行動とは?

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる