「信頼やワクワクにもこだわる」アビスパ吉岡雅和選手インタビュー

 正確な左足のキックと豊富な運動量を武器に、ピッチで躍動する吉岡雅和選手。今季、アビスパに加入した注目の新戦力です。リモートで話を聞きました。 取材/川添道子

目次

「左足のエンジェルパス」をもっと出せるように頑張ります!

出典:ⓒavispa fukuoka

―福岡市の街やアビスパの印象は?  福岡の街は、人が多くて都会。食べ物は何でもおいしいですね。アビスパは昨季、V・ファーレン長崎在籍時に対戦した時から、チームに一体感があり、攻守ともにアグレッシブで勢いがある印象がありました。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

―リーグ戦やカップ戦でのアシストやゴールなど、印象的な活躍が続いています。J1の舞台でプレーする感想は?  今は、スタメンではなく途中交代でピッチに入ることも多く、ゲームの流れを変えたり、攻撃のギアを上げたりするプレーが求められるので、ベンチにいる時から、相手がどういうプレーをしてくるのか、自分たちは今どういうサッカーをしなければいけないのかを、しっかりと理解をして入るようにしています。そして、短い時間の中でも、アシストやゴールなど、目に見える結果を残したいと意識しながらプレーをしています。

出典:ⓒavispa fukuoka

―4月10日のセレッソ大阪戦ではJ1初ゴールを決めました。  あの試合は早い段階で自陣に退場者が出て、1人少ない状況で戦う苦しい展開でした。そんな状況の中でゴールを決めることができてうれしかったです。実は、この得点の前に決定的な場面を外してしまって、ピッチに大の字で寝転んでしばらく立ち上がれなかったんです。そうしたら、田邉(草民)選手が来て、ずっと「大丈夫、やれる! 次!」って励ましの言葉を掛けてくれて。試合後、田邉選手に「ほらね。あれは(声を掛けた)僕のゴールだな」って言われました(笑)。でも、本当にその言葉もあって、次のチャンスでゴールを決めることができたのかなって思っています。

―チームの雰囲気が良さそうですね。  エミル(サロモンソン)も試合中によく声をかけてくれるし、試合でも練習でも、みんなが自然と声をかけ合ういい雰囲気です。チーム全体がとても前向きで、このチームのために頑張りたいと思える結束力があって、一体感をすごく感じます。長谷部監督も調子がいい選手をすぐに起用してくれるのでモチベーションが下がらない。結果も出ているので、監督の言葉を信じて実践すると勝てるという信頼もあります。  

出典:ⓒavispa fukuoka

―得意なプレーや注目してほしいポイントは?  一番見てほしいのは、攻撃でも守備でも献身的に走る運動量。そして、左足のパスとシュートですね。 ―精度が高い左足のコーナーキックやクロスボールを「吉岡のエンジェルパス」と表現するサポーターの声も。  えっ、めちゃめちゃいいネーミングを付けてもらってますね! もっといいボールをたくさん出せるように頑張ります!

出典:ⓒavispa fukuoka

―クルークス選手や金森選手など、気付けば右サイドハーフが激戦ポジションとなっています。チーム内競争で勝ち抜くために必要だと感じている点は?  持ち味である左足のパスとシュートの質をさらに高めることですね。あとは、対戦相手にプレーを分析され対策をされた時に、次の一手として何ができるか。右足でのクロスだったり、動き出しやパスのタイミングだったり、変化をつけていかないといけない部分がたくさんあります。  もちろんクルークス選手や金森選手など、同じポジションの選手には負けたくない気持ちはありますが、それ以上にお互いが刺激し合いながら、良い関係性で競争ができているので、切磋琢磨しながら個人もチームも成長に繋がったらいいなと思っています。本当に楽しいんですよ、彼らとの競争も。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

―普段のリラックス方法は?  今はコロナ禍であまり外出ができないので、動画を見ながらゆっくりお風呂に入ることかな。試合の動画も見ますが、本当にリラックスしたい時は「霜降り明星」や「かまいたち」など、お笑いの動画を見てのんびり湯船につかっています。  連戦になると疲労について聞かれることが多いのですが、今はアビスパにとって良い流れが続いているので、この勢いのまま戦った方が良い結果を得られるのではないかと思っています。

―長崎県出身ですが自分を九州男児だなと感じることは?  普段の生活ではあまりないですね。あ、食の好みは完全に九州男児です! 大学時代(駒沢大)は関東で生活をしましたが、よくちゃんぽんやブラックモンブランが食べたくなっていました。ラーメンは、うまかっちゃんを実家から送ってもらって常備していました。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

―今シーズンの抱負を。  まずはスタメンで出場して、ゴールやアシストを決めてチームの勝利に貢献すること。他にも、チームメートに「吉岡には安心してボールを預けられる」とか、サポーターに「吉岡のプレーは面白い」と言ってもらえるような、信頼やワクワクなど、数字に残らないところにもこだわっていきたいです。 ―ファンや読者へメッセージを。  皆さんの拍手や手拍子が、チームの大きな後押しになっています。まだまだシーズンは続きますので、ぜひスタジアムに足を運んでいただき、僕らと共に試合を戦ってもらえたらうれしいです!

出典:ⓒavispa fukuoka

よしおか まさかず

1995年3月9日生まれ。長崎県南島原市出身。163cm59kg。V・ファーレン長崎→カターレ富山(期限付き移籍)。

「アビスパが僕のホーム!」アビスパ金森健志選手インタビュー

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる