ハイスペ婚活パーティーでカップルになった彼はまさかの同じ会社!?

 婚活パーティーには「公務員限定」や「25〜30歳限定」など条件が決められている場合が多いもの。私が参加した「年収800万以上の男性限定」パーティーでカップリングした男性は、なんと同じ会社だったのです。

目次

カップリングした彼は同じ会社の広報マンだった

出典:写真AC

 そのパーティーには30代の男性が多く参加していました。  いわゆる“回転寿司方式”で女性は座ったまま、席を移動してくる男性全員と話をします。  その中で若干顔の濃い男性の番になりました。年齢は39歳と少し高めですが、年上の外国人顔が好きな私としては第一印象はバッチリ。  話をしていると、会社の場所や業種がよく似ています。お互いに「え、まさか同じ会社?」と驚き、ていうか「○○だよね?」と彼が会社名をズバリ言い当てました。  「びっくりですね〜!」と笑い合う私たち。  ですが私は内心がっかり。同じ会社ではきっとカップリングしないだろうと思ったのです。  全員と話し終え、気に入った相手の番号をカードに書きます。私はダメもとで彼の番号を書いてみたら、なんと彼とカップリングしたのです!  「なんで番号書いてるの!」「そっちこそ!」と笑い合いすっかり打ち解けていました。

理想の男性に見えた彼。しかし次第に…

出典:写真AC

 何度か食事をした後、彼から告白され付き合うことになりました。  お泊まりデートはいつもオークラやヒルトンなど一流ホテルです。 夜景を見ながらルームサービスを食べる、という一昔前のドラマのような演出が好きな彼。  「自分は四国出身だから“ベタな都会”に憧れる。」と話す姿が可愛らしくどんどん惹かれていきました。  しかし次第に疑問を感じるようになってきました…。  ある時「横浜にマンションを買うつもりで部下の女性と見学に行った」という話をしたり、たまたま立ち寄ったお店で6万円もする鏡を「マンションを買ったら置くから」と購入。  私に結婚を意識させたいのか、それとも他に女性がいるのか…? 彼の言動が理解不能でした。  そして付き合って半年ほど経ってくると、だんだんとデートの回数が少なくなり、1ヶ月に1度も会わないようになってしまいました。

ハイスペでも結婚していない理由とは…

出典:写真AC

 大手企業の広報マンである彼は、毎週のように地方へ出張。週末もなかなか会えない日が続きました。  ある3連休の前日のことです。予定を決めようと連絡するも返信がなく、仕方なく帰宅して夕飯を食べていると彼から連絡がきました。  「横浜ホテルとれた」  という一言だけのメッセージ。 嬉しい反面、(なぜ急に横浜? 話し合ってもいないのに?)とモヤモヤしつつ「ありがとう! いつ?」と聞くと  「今日」  という驚きの返信。  時間はすでに20時近く。今から準備して2時間近くかかるホテルに向かえと…?  「もう夕飯食べちゃったし着くの遅くなっちゃうよ」と返信すると  「どうしよ。。」  とまた彼からのはっきりしないメッセージにイライラ。  彼は一体どうしたいのだろう…と何だか全てどうでもよくなってしまい、ホテルはキャンセルしてもらいました。結局、連休は一度も連絡を取り合いませんでした。  このことがきっかけになったのか、その後もデートどころかお互いに連絡もほとんどしなくなり、ついに自然消滅してしまったのです。  いい歳して自然消滅って…と呆れつつ、自分の都合で人を振り回す姿を知って、彼が“ハイスペ”にも関わらず独身の理由に何となく納得したのでした。 (ファンファン福岡公式ライター/あんじミサ)

新郎同僚が、結婚式のお祝いスピーチで、女遊び暴露&浮気公認宣言?!

プロポーズでトラブル勃発 両親を巻き込む大騒動に発展!?

消えた結婚式スピーチ「依頼されたのは私じゃないの!?」

結婚祝いにティファニーのギフト13選

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる