マンション購入を機に節約したい 【ファンファンマネークリニック】

  自分のお金の使い方ってどうなんだろう? 気になるお金の疑問や「人生設計」に関する話を、「生活の窓口」のFP(ファイナンシャルプランナー)に聞きました!

目次

今回の相談者は「せぐさん」

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 せぐさんの課題は、「繰り上げ返済のために貯金したいが月どのくらい貯金すればいいのか分からない」とのこと。  目標の「新築マンション購入を機に節約したい」を達成するためにはどうすればいいのか、ファイナンシャルプランナーの吉田麗子さんが解説します。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/
出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

ここは「アッパレ!」

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 貯(た)める仕組みができています(貯蓄、NISA等)。合わせて月3万5,000円の積み立てを確実に継続しましょう。繰り上げ返済資金であれば、長期的により殖える力があるNISAを増やすと良いですね。  被服費や娯楽費、交通費もがんばっていますね。我慢はしすぎないようにしましょう。

ここに「喝!」

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

 日用品が少し多いですね。ついつい膨らんでしまいがちな支出ですが、月1万~2万円に抑えて貯蓄にまわせると良いですね。  いただいたデータを合計すると、手取り収入260,000円、支出304,000円、収支-44,000円となります。この収支が続いているようであれば、「預貯金を取り崩して、貯蓄用の保険やNISAにまわしている状態」かもしれません。  資産合計の推移を確認し、合計額が増えるようにしましょう。

【今回のキーワード】貯蓄専用口座の落とし穴

 貯蓄専用口座(自動積み立て、社内預金等)や貯蓄型保険、NISA等で毎月積み立ての仕組みを作っておくと、いつの間にかお金が貯まっていきます。「先取り貯蓄」とも言われる理想的な形です。  ただ、「貯蓄専用口座やNISAがあるから貯まっているはず」と貯蓄専用口座の存在に頼ってしまい、「貯蓄専用口座の残高増 < 他の口座の残高減」になることも少なくありません。これが、貯蓄専用口座の落とし穴です。  この現象を防ぐためには、「資産の合計額を定期的に確認すること」が大切です。貯蓄専用口座だけが増えているのではなく、資産全体が増えている状況にしましょう。  給料日や月末など、決まったタイミングで通帳や家計簿アプリで確認すると楽に継続できます。「家計簿を付けるのが苦手」という人にもお薦めです。

家計簿診断に応募してみませんか?

 皆さんの「家計簿」応募をお待ちしています。下記応募フォームから必要事項を入力し、送信してください。紙面に掲載された人には「生活の窓口」FPによるオンライン相談をプレゼントします(相談は必須ではありません)。 ※応募いただいた個人情報については、本企画以外には使用しません。

家計簿診断 応募フォーム

【第1回 家計簿診断】3年後までに100万円を貯めるには?

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる