今回のテーマ「鬱(うつ)とマグネシウム」【知りたい&話したい 女子の”ここから”】

 気になる女性の「こころとからだ」について、世代の異なるYとAがトークを繰り広げるコーナーです。今回のテーマはいま注目の「鬱とマグネシウム」。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

A 突然ですが、マグネシウム足りてますか? Y 元素記号のMg? 中学生のときに覚えた記憶が…。 A それも正解ですが、今回はカルシウムやナトリウムと同じ必須ミネラルとされるマグネシウムの話です。マグネシウムは筋肉の収縮、心機能の維持、血圧調整など体に必要な栄養素の一つ。神経伝達のコントロールにも関わっていて、不足すると鬱の症状を発症しやすくなるともいわれています。 Y そうなんだ! 鬱の症状はストレスや気分の落ち込みが原因だと思っていたけど食生活も関係しているんだね。 A うつ病は環境やストレス、性格などさまざまな要因が関係して発症するようで、一般的に女性の方が男性よりもかかりやすいとか。マグネシウムは自然の精神安定剤とも呼ばれていて、不足すると興奮しやすくなる、神経過敏、鬱、錯乱などが生じやすくなるみたいなので日常的に摂取したいですね。 Y 産後うつや更年期うつという言葉も耳にするようになったし、女性ホルモンの影響を受ける時期は、なおさらマグネシウムを摂取することを意識した方がよさそうね。マグネシウムが含まれる食べ物ってどんな物があるの? A 大豆、魚介類、ナッツ類などに多く含まれ、魚や海藻、大豆製品の多い和食は効率良くマグネシウムを摂取できるそうですよ。逆にストレス、過度の飲酒、糖質や脂質の過剰摂取はマグネシウムの消費につながるので気をつけてくださいね。TRULYサイトに更年期対策レシピとしてマグネシウムたっぷりメニューや医師に取材した記事などが掲載されているので参考になると思いますよ。 Y お酒もスイーツも適度にしたいね。早速レシピをチェックしてみる!

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

TRULY 公式サイト

今回のテーマ「膣トレ」【知りたい&話したい 女子の”ここから”】

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる