運動音痴の息子が野球部に入部 「辞めてもいいよ」と言ったら…?

 中学生になり、運動音痴なのに野球部に入部した息子。試合に出られないかもと弱気になった息子に「辛いなら辞めていいよ」と言ったら、意外な言葉が返ってきたのです。

目次

野球好きな息子

出典:写真AC

 わが家の次男は野球が大好き! といっても、小学生までは見る専門。ところが、中学生になって野球部に入ると言い出しました。「大丈夫かしら…?」私の心配をよそに、毎日張り切って練習に出かけていきます。  息子は体が弱く食も細かったことから、人一倍体が小さくて、とても中学生には見えません。まわりの友達は、どんどん背が伸びて、声変わりも始まる中、体重が軽くて簡単に持ち上げられる彼は、時折からかいの対象になるらしく、コッソリ涙目で帰ってくることもありました。  それに、野球部のほかの子は小学生から少年団に入って練習しています。一方、野球初心者の息子は、私に似てかなりの運動音痴です。  当初、私は文化部を勧めていました。  ところが息子の決心は固く、そんなに野球がしたいのなら、と私も応援することにしたのでした。  我が家は現在、母一人子一人なので、キャッチボールの相手をしてくれる父親はいません。彼は部活のない日は毎日、球技場の片隅で、暗くなるまで一人で壁当てをしていました。

「辛いなら辞めていいよ。」と言ったら…

出典:写真AC

 しばらくたったある日のこと。  「後輩が入って来たら、自分はベンチにも入れないかも…」と、言う息子。  「打てない、取れない、走れない! 三拍子揃ったユーティリティープレイヤー!」と、笑いながら、  「せめて、試合の最後に代打で出してもらえないかな…? だってレギュラーよりも目立つし、代打で、かっ飛ばしたらカッコいいでしょ?」と、強がっていました。  「出来るか出来ないかじゃなくて、どう頑張るかなんだよ!」と自分を鼓舞するような言葉が次々飛び出してきます。  私は思わず  「辛かったら、いつでも辞めて良いんだよ?」と言いました。甘い親なのかもしれません。  でも次に息子が笑顔で言った言葉が、心に残りました。  「何言ってるの? 母さん。こんなにたくさん野球の道具を買ってもらって、途中で辞めるわけないじゃない! 絶対頑張るって約束して始めたんだから、俺は辞めない! 野球の道具、買ってくれてありがとう!」

今年最初の練習試合

出典:写真AC

 最初の練習試合で同級生はレギュラー入り。彼は「試合に出させてもらえないかも…」と心配しながら出かけていきました。  そしてその日の夕方、帰ってくるなり息子は言いました。  「良い話が2つあるんだけど、聞きたい?」    笑顔で続けます。  「良い話の1つ目は、同級生のA君が、今回初めて塁に出られたこと! もう1つの良い話は、俺が代打で出させてもらえたこと! 全然当たらなかったけどね…」  自分が塁に出られなくても、A君が塁に出られたことを心から喜んでいました。  どうして息子がこんなに前向きに育ったのか不思議に思います。私が元気がない時には「母さん笑って!」と、変顔をして見せてくれます。  運動音痴の息子。いつか野球が上達すれば良いなとは思いますが、現実は物語のように上手くはいかないとも思います。  けれど、彼の頑張りは、この先辛いことに当たった時にきっと役立つし、彼なりの進み方を見つける手助けになると思います。  こんな風に成長してくれてありがとう!  次男から「母さんありがとう!」と言われるたびに、心からそう思います。 (ファンファン福岡公式ライター/Kitakitune)

「ママ、ごめんね。」誕生日プレゼントを受け取った息子が号泣したワケ

「よその家の子になりなさい!」物おじしない4歳息子の反応は?

習い事で?! 宿題をやらなかった息子が激変!

中学の入学祝いにおすすめプレゼント15選

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる