将来(老後等)の備えを貯めたい【ファンファンマネークリニック】

 自分のお金の使い方ってどうなんだろう? 気になるお金の疑問や「人生設計」に関する話を、「生活の窓口」のFP(ファイナンシャルプランナー)に聞きました!

目次

今回の相談者は「やましんさん」

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 やましんさんの課題は、「自分で思っているよりも貯蓄ができない」とのこと。  目標の将来(老後等)の備えを貯めるにはどうすればいいのか、ファイナンシャルプランナーの香月和政さんが解説します。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp
出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

ここは「アッパレ!」

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 支出が多い中でも、貯蓄ができています。月々44,000円と大きいのですが、お子さんの教育資金でしょうか。  できる限り将来の貯蓄を準備しましょう。

ここに「喝!」

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 支出を減らす、収入を増やす手段を考えましょう。お子さんが小さいので、収入を増やすのは難しいかもしれませんが、収入が難しければ、支出を減らすのが一番です。  食費や外食費の割合が高くなっています。メニューを考えつつ、この支出を下げましょう。  他にも、保険、教育費、その他が気になります。

【今回のキーワード】毎月の収支がマイナスの場合

出典:写真AC

 毎月の収入よりも支出が多い場合に考えることは、「支出を減らす」、「収入を増やす」、「運用する」の3つです。  少ない支出であれば減らすことは簡単ですが、多い場合は減らすのも大変です。必要なものは減らせませんが、不必要なものをやめたり、出費が多いものは減らしたりしましょう。  優先順位を決めて必要なことや急ぐこと以外、今は控えましょう。支出は多少無理をしても減らす努力を。それでも減らすことができない場合は、収入を増やすほかありません。  ご家族の方が働けるのであれば、パートなどで働いても良いでしょう。現在は、残業が少なくなっている企業も多く、勤めながら収入を増やすことは難しいのですが、同時に副業が認められている企業も増えています。無理のない範囲で収入を増やす努力をしましょう。

家計簿診断に応募してみませんか?

 皆さんの「家計簿診断」への応募をお待ちしています。下記応募フォームから必要事項を入力し、送信してください。  応募してくれ人全員に、書籍「投資信託 失敗の教訓(著・福田猛 / プレジデント社刊)」1冊と「生活の窓口」FPによるオンライン相談をプレゼントします。(相談は必須ではありません)。 ※応募いただいた個人情報については、本企画以外には使用しません。

家計簿診断 応募フォーム

マンション購入を機に節約したい 【ファンファンマネークリニック】

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる