祖母が語った不思議な話・その伍拾漆(57)「先触れ(さきぶれ)」

 私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。

イラスト:チョコ太郎

 祖母が六つの歳の春、村のYというおばあさんに、突然不思議な力が備わった。
 「明日は○○さんが来る気がする」と言うとそれが当たるのだ。
 最初は偶々(たまたま)だろうと言っていた家族も、あまり毎回当たるので「これは本物の先触れだ」と驚いた。
 なぜ分かるのかと訊いても笑って答えない。

 もう一つ不思議なことがあった。
 それは、おばあちゃんっ子だった孫がYさんの寝ている座敷に入ろうとしなくなったことだ。

出典:チョコ太郎

 何度もそんなことがあり三月が経った頃、Yさんが言った。
 「姪のK子が明日来るよ」
 「え? K子さんですか?」
 お嫁さんは驚いたが、Yさんはとても楽しみにしているようだった。

 翌朝、いくら待ってもYさんが起きてこないのでお嫁さんが見に行くと、Yさんは横になったまま息が止まっていた。

出典:チョコ太郎

 ここまで語り終えた祖母が少し声をひそめて言った。
 「お嫁さんが不審に思ったのは、数日前にK子さんの訃報が届いていたからなんだよ。気落ちしてはいけないとYさんには知らせなかったんだけど」
 「迎えに…来たのかな?」
 「どうかねえ…孫は夜になるとおばあちゃんの部屋から知らない人の声が聞こえるから怖い…と言っていたよ」

あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その参拾玖(39)「かえる」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  6歳の春、庭の築山...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その弐拾捌(にじゅうはち)「かくれんぼ」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  「おばあちゃんの...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その参拾弐「からす鳴き」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  ある時、ふと気に...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる