ボルドーの伝統菓子【ワイン夜話 Vol.5】

 このコーナーでは、ワインバー・ラタフィア(福岡市中央区)のオーナーソムリエであり、日本ソムリエ協会福岡支部 支部長の吉村智美さんに聞いた、ワインに関する夜話をお届けします。今回のテーマは「ボルドーの伝統菓子」です。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp
目次

ボルドーの赤ワインと相性抜群 フランスの伝統菓子「カヌレ」

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

 ワインの銘醸地・ボルドーの伝統菓子である「カヌレ・ド・ボルドー」は、18世紀に修道院で生まれた、外はカリッと、中はモチモチとした焼き菓子です。  仏南西部のボルドーでは、赤ワインの澱(おり)引きの際に、泡立てた卵白をたるに流し入れます。225ℓのたるに、3~5個分の卵白を使います。残った卵黄で考案されたお菓子が、カヌレです。  卵黄に、牛乳、小麦粉、砂糖、バター、ラム酒を入れ、蜜ろうを塗った銅のコック帽のような容器で焼かれたお菓子で、本場ボルドーの専門店では、カヌレの焼き具合を伝えて買うことができます。  こんがりと焼かれたカヌレは、ボルドーの赤ワインとの相性も抜群です。

ソムリエ プロフィール

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

吉村 智美 ワインバー・ラタフィア オーナーソムリエ 日本ソムリエ協会福岡支部 支部長 アンスティチュ・フランセ九州 ワイン講師

ラタフィア

住所:福岡市中央区薬院2-4-39 1階 電話:092-732-9702 営業:19:00~24:00 火曜休

ワインの澱(おり)の話【ワイン夜話 Vol.4】

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる