卒園式直前にインフルが流行! 自分勝手な保護者に戦々恐々

 卒園式の前にインフルエンザB型が流行し始め、わが子が感染しないように配慮するママたち。そんな中で、自分勝手なママが取った行動は、許せるものではありませんでした。

目次

具合が悪い子を園バスに乗せるママにげんなり

出典:写真AC

 息子は、幼稚園の卒園式を直前に控えていました。私は卒園委員をしていたので息子が体調を崩したら準備が遅れてしまう可能性があったのと、何より大好きな幼稚園の卒園式に出席できなくなったら息子がかわいそうと思い、体調管理にはかなり気をつけていました。

 1月は、インフルエンザA型が流行してクラス閉鎖に。その影響で卒園準備がギリギリでした。なんとか間に合うように急ピッチで作業を進めていた矢先、2月末からインフルエンザB型が流行り始めていました。

 息子は園バスを利用していました。バス通園の子は、誰かが病気になるとあっという間に感染してしまいます。ですので、同じバスの子どもたちの体調にも配慮しておかなければなりません。

 ところが、同じバスで通っているママの一人が…
 「昨日〇くんに熱があったから病院で検査してもらったけど、インフルエンザじゃなかったの! 本当によかったわ。卒園してみんなと会えなくなるのが寂しいから、どうしても幼稚園に行きたいって言い張って困っていたのよ」と、まだ微熱がある子どもをバスに乗せてしまいました。

 私は心の中で「もしかしたら、今日検査したらインフルエンザかもしれないのに…」と不安がよぎり、配慮のないママにあきれるばかりでした。

インフルエンザになった子のママにも園の対応にもモヤモヤ

出典:iStock.com ColobusYeti

 こんなママがいるようでは、自衛するしかありません。私は、バスには乗せずに自転車で送迎することにしました。卒園委員の活動もあったし、一人っ子だったのでなんとか送迎できた感じです。しかし周りのママは、下の子がいると送迎が難しいこともあり、不安げな面持ちでバスに乗せていました。

 そして、卒園式の3日前に新たにインフルエンザB型を発症した子が出てしまいました。そのインフルエンザなった子は、園バスに乗っていた子。私は「園バスの中でインフルエンザをもらったのでは?」と思わずにはいられませんでした。

 卒園委員は、その子の欠席対応でバタバタでした。卒園式の3日前にインフルエンザにかかったのだから、卒園式は欠席するものだと思っていました。

 ところが、卒園式の当日、インフルエンザだった子が出席したのです! ざわつく会場。インフルエンザの子と手を繋いで入場した子のママは、驚きのあまり声も出ない様子でした。

 卒園式の終了後、インフルエンザにかかった子のママに話しを聞いてみると、
 「小児科で登園許可がもらえたから、園がOKを出した」と言うではありませんか!
 初めは「卒園式に出られなくて、かわいそう」と思っていましたが、園の対応に違和感を覚えずにはいられませんでした。

 結局、卒園式が終わってから数日後。何人かが、インフルエンザB型になったそうです。 卒園式の前に具合の悪い子を園バスに乗せるママ、小児科で登園許可がもらえたからと言って卒園式に出席させるママ、インフルエンザ3日目なのに出席を許可する幼稚園。卒園式さえ無事に終われば、あとはインフルエンザになってもいいの? と今でもモヤモヤしています。

(ファンファン福岡公式ライター/kotchan)

あわせて読みたい
笑顔で送り出して! 卒園式で号泣する担任の先生に苦笑 幼稚園の卒園式は、子どもたちとその保護者が主役。それにもかかわらず担任の先生が号泣してしまった場合は大変です。子どもたちが不安になってしまうのはもちろんのこと、記念撮影すらままならなくなってしまうという大事態に…。
あわせて読みたい
息子はあなたの子の元彼じゃない! SNSで言いたい放題なママ友に閉口  先日、幼稚園の保護者会で配られたプリントの中に、こんな文言がありました。「園内で撮影された写真をSNSで配信したり、第三者に見せたりすることは禁止します」。こ...
あわせて読みたい
「お下がりの制服があるよ!」 ママ友の言葉を信じたら大変なことに 当時、息子は一人っ子。年の近い兄弟を作ってあげたいという希望はあったものの、なかなか叶わず、「寂しい思いをさせているではないか?」と感じていました。出来るだけ同年代のお友だちと関わらせてあげたいと思い、ママ友との関係を大切にしていたつもりでした。そんな中、長男が幼稚園に入園する時の苦い思い出の話です。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる