祖母が語った不思議な話・その参「雨宿り」

 私が小さい頃、明治生まれの祖母は、ちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつ紹介していきます。

イラスト:チョコ太郎

 「ガサガサ、ゴトゴト」  雨が続いていたある日、床の下から音がした。  何だろうと思った祖母は、勇敢にも縁の下に入って行った。  そこは、十歳にならない祖母には広く暗い不思議な空間だった。  目が慣れてくると、たしかに何かがいる。  「ザッ!」近づくと犬のようなものが逃げて行った。

出典:チョコ太郎

 それから数日後、また音が聞こえた。  今度は潜らず、入口に芋を置いて待った。  五分、十分…出てきた!  それはたいそう痩せた子狸だった。

出典:チョコ太郎

 可哀想に思った祖母は自分が食べるつもりだった分の芋まで与え  「人に見られると獲られるから、早くお帰り!」と話しかけた。  すると食べるのをやめ、祖母の顔を見ながら子狸が口を開いた。

出典:チョコ太郎

 「デモ…アメ」  祖母には確かにそう聞こえた。  狸は雨が嫌いで、雨の日は巣から出ない習性があるそうだ。  祖母が十八歳でお嫁に行くまで、雨が降るとたびたび狸はやって来たという。

あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その伍拾伍(55)「枕返しの間」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  「おばあちゃん、...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その伍拾弐(52)「四つ目犬」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  「四つ目犬(目の...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その肆拾(40)「桃の使い」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  祖母が7歳の春、隣...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる