高校合格発表日、思わぬ事態に… 救われたママ友の一言とは? 

 息子の公立高校合格発表の日。合格圏内のはずだった志望校が、まさかの不合格。私の頭の中は真っ白で、息子にかける言葉も見つかりません。そんな重い空気をひとことで変えてくれたのは、ママ友であるMくんのお母さん。
 私が今も忘れられないそのエピソードを紹介します。

目次

合格圏内だった高校が…

写真AC

 公立高校合格発表の日、私と息子は一緒に家を出て受験した高校へと向かいました。担任からも塾の先生からも合格圏内と言われていたし、生徒会役員なども積極的にこなしていたので内申書も悪くはないはず。本番の試験でも息子は手応えを感じていたようだったので、合格はほぼ間違いないと本人も私も思っていました。

 しかし結果は不合格。
 合格番号が貼り出され、息子の受験番号の近くを目で追っていったのですが、無情にも番号はなし。ショックのあまり、息子も私も呆然と立ち尽くしたまま。そこに響く合格者の歓声が別世界の人の声のように遠く感じました。

 同じ高校を受験した息子の友達が集まってきましたが、部活で仲の良かったMくんを合わせ数人が不合格。ショックを隠し切れない表情で、泣き出してしまいそうな子もいました。

 合格者はその場で手続きがあって残るため、不合格だった子達と、一緒に来た保護者の私とMくんのお母さんのみが一足早く帰るかたちになりました。

言葉が見付からない情けない母

写真AC

 私は息子が進学する私立高校の入学準備のことに気を取られてしまっていたのですが、一緒に歩いていると思った息子は、私のかなり後ろにいることに気付きました。悔し気な表情で無言のまま足取り重く歩いてくる姿に、私は胸が締め付けられる思いでした。

 「本当に良く頑張ったと思うよ」
 「落ち込まない、落ち込まない、なんか美味しいものでも食べに行こうか」
 「合格した人との差なんて、きっとほとんどなかったはずだよ」次から次へと励まそうとする言葉は浮かんでくるものの、
 「何か違う、こんなありきたりの言葉では通じない…」と、結局肝心な時に何も言えない無力で情けない自分が惨めでした。

空気を変えたママ友のひとこと

写真AC

 そんなとき、その場にいたMくんのお母さんがいつも通りのクールなトーンで言ったのです。
 「右から行くか、左から行くかだけの差じゃない? 本当のゴールはまだまだ先でしょ?」

 その言葉に一瞬、みんなが沈黙。言葉の意味をかみしめていると、モヤモヤしたものがスーッと晴れ渡っていくような心地良さを感じました。

 それは子ども達も同じだったようで、暫くすると息子も友達も少しずつ明るさを取り戻し、学校へ結果報告に行く頃には友達とふざけ合ういつも通りの笑顔が見られるようになりました。大学にしても就職にしても、どこを目標と考えるかは本人次第。

 目標へ右から行くか左から行くかという違いにすぎないのだと心から納得できる言葉でした。そんな言葉がサラッと言えるママ友に、私は尊敬と感謝の思いを今も抱き続けています。

 息子もMくんも私立高校に進学し猛勉強。高校受験のリベンジを果たし、それぞれ第一志望の大学への合格も果たしました。あのとき、あの言葉がなかったら、もしかすると息子は不合格のショックから立ち直っていなかったかも知れません。立ち直れたとしても、それには少なからず時間を要していたはずです。

「右から行くか、左から行くかだけの差じゃない?」

 凍り付いたような空気をほぐしたママ友のひとこと。絶望からみんなを救った、まさに魔法の言葉として忘れられない思い出となっています。


(ファンファン福岡公式ライター/Natsuki)

あわせて読みたい
入学式の後悔… 中学受験の失敗は10年間引きずる?!  期待に胸膨らませて出席するはずの入学式に心から喜べず、入学式の写真の中の私達親子は浮かない顔。いま思えば、もっと心から祝福してあげればよかった…。希望の中学に入学出来なかったことよりも、あの日を笑顔で迎えられなかったことを、桜がほころぶ入学式シーズンを迎えるたび、甘酸っぱい気持ちで思い返します。
あわせて読みたい
中学受験を押し付ける「お受験アドバイザー」なママ友に困惑  受験に必要なのは子どもの学力だけではありません。家庭環境や夫婦の考え方、金銭的な問題など、デリケートな要素が絡んでいます。だからこそ、いくら友達でも簡単に口を出せない問題だと思うのですが、私のママ友には1人、ゴリゴリに受験を勧める「お受験アドバイザー」がいたのです。
あわせて読みたい
お受験ママのマウントにうんざり… 逆転合格すると驚きの態度に!?  小学6年生になって中学受験をすると決め、受験塾に通い始めた娘。すると4年生から別の塾に通っていたクラスメートのママ友が、先輩ヅラで私に急接近してきました。同じ難関校を受けることになった私たちを待ち受けていたのは、まさかの結果だったのです。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる