祖母が語った不思議な話・その拾肆(じゅうよん)「海が呼ぶ」

 私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。今回は以前にアップしたその捌(はち)「はやく来い」の後日譚です。下記リンクから合わせて読んでみてください。

イラスト:チョコ太郎

 ある日ずっと寝付いていた親戚の○さんの訃報が届いた。  周りの誰もが「もう長くはないだろう」と思っていたので驚きはなかった。  十二、三歳だった祖母は母親とお通夜に出かけた。

出典:チョコ太郎

 「この度はご愁傷さまでございます。ご回復を祈っておりましたのに、残念でなりません」と祖母の母がお悔やみを述べたが、喪主である奥さんの様子がおかしい。  悲しみではなく、驚愕の表情で固まっている。  違和感を感じながらも焼香を済ませ、いとまを告げようとしたとき、弔問客の話が耳に入ってきた。

出典:チョコ太郎

 「病気で亡くなったんじゃない?」  「海で見つかったんだ、停めてあった舟の下から。溺死だと」  「○さんは寝たきりだったろう?」  「動けなかったはずなんだが、この家から海まで浜に足跡が残っていたらしい。それですぐに見つかったんだ」

出典:チョコ太郎

 「やっぱりなにかに呼ばれたんだ! 海に連れて行かれたんだ!」  祖母は思ったそうだ。

あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その捌(はち)「はやく来い」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  祖母が十二、三歳...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その肆(よん)「川が呼ぶ」  私が小さい頃、明治生まれの祖母は、ちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつ紹介していきます。 イラスト:チョコ太郎  祖母が十五の年、...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その肆拾捌(48)「近づくもの」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  小学生の頃、地元...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる