楽しい帰省が家族全員大慌て?! なんと息子は○○だった!

 私の実家は田畑の多い田舎にあります。2歳の息子にとって広い庭はレジャー施設。私も息子も、年に1~2回の帰省を楽しみにしていました。しかし、年末の帰省で息子の意外な体質が判明し大騒動に…。楽しいはずの帰省が悲劇に変わったエピソードをお話しします。

目次

大歓迎の両親

写真AC

 実家は、わが家から車で約3時間の場所にある、緑豊かな田舎町です。夫は年末年始も仕事のため、私が年末に息子を連れて帰省し3日ほど滞在するのが恒例でした。

 私たちはマンション暮らしです。実家の広々とした庭や土いじりのできる畑は、子どもにとって普段と違う経験ができる貴重な場所になります。

 両親も息子を大歓迎。お菓子や新しいおもちゃを準備し待っていました。のんびりした田舎の空気や、優しい祖父母を前に息子はご満悦。イヤイヤ期はどこへ行ったのか、キャッキャとはしゃいでいました。

大好きなミーちゃん

写真AC

 息子が特に喜んだのは飼い猫とのふれあいです。
 実家にはミーちゃんという、人懐っこい猫がいます。息子は怖がりなので、去年は猫に近づかなかったのですが、2歳ともなれば好奇心マックス。
 「首の後ろを優しくなでてあげてね」とアドバイスすると、おそるおそるミーちゃんに触れました。

 ミーちゃんは息子の手にすり寄ります。息子の目がキラキラと輝きました。
 「かわいいー!」とミーちゃんを撫で続け、
 「こっちおいで!」と追いかけ回す始末。ミーちゃんは2歳児の相手に疲れたのでしょう。しばらくして、どこかに隠れてしまいます。

 「ミーちゃーんどこぉ? ミーちゃーん!」息子がミーちゃんを探し回る声を聞きながら、私と母は
 「息子くん、猫好きみたいだね」と苦笑しました。

 しかし、楽しかったのはそこまで。夕方、おもちゃで遊んでいた息子が突然しきりに顔をこすります。
 「ママ、目がへんなの」
 息子の顔を見てギョッとしました。目は真っ赤に腫れ、鼻は決壊したかのように鼻水があふれています。

 息子は猫アレルギーだったのです。

納得できない息子

写真AC

 息子は2歳まで大きなケガも病気もなく、病院には年に数回かかる程度でした。私は初めてのことに焦りましたが、両親はさらに大慌て。
 「近所の病院は休診だし、救急車を…」なんて、今にも電話をかけそうです。

 息子はアレルギー反応が出ているものの、吐き気や失神といった危ない症状ではありません。アレルギー源と思われる猫から、ひとまず離れることにしました。

 車内で息子を着替えさせ、ドラッグストアへ。鼻炎シロップと子ども用目薬を購入します。いつもは何でも
 「イヤ! やりたくない!」と言う息子も体の異変を感じたようで、大人しく服用してくれました。

 ここから実家に戻るにも、夜も更けていたので当日宿泊できる施設を探します。運良く空いていた近くのビジネスホテルに泊まることにしました。ホテルに着くころ、息子のアレルギー症状は沈静化。元気になった息子が思い出すのは、楽しく遊んだ猫のミーちゃんです。

 息子の気持ちは分かるけれど、今後一緒に遊ばせることはできません。
 「ヤダ! ミーちゃんと一緒に寝る!」泣き叫ぶ息子をどうにかなだめ寝かしつけました。

 翌日、私と息子は自宅マンションへとんぼ返り。田舎でのんびり年を越すはずが、私たちも両親もドタバタな年末になってしましました。

 年明け、息子のアレルギーを検査しました。思ったとおり“猫”のアレルギー反応が突出。今後、お泊り帰省は叶いそうにありません。トホホな年末でしたが、ミーちゃんだけは平和そうにコタツで丸くなっていたそうです。

(ファンファン福岡公式ライター/芦谷)

あわせて読みたい
コロナ禍のオンライン帰省! 親族20名以上で一筋縄ではいかず…  2021年のお正月、コロナ禍の影響で初のオンライン帰省に挑戦してみました。毎年夫側の親族は20名以上で集まっているのですが、さすがに今年はいつも通りの帰省はやめ...
あわせて読みたい
年末の帰省直前、子猫が迷い込んできて帰れない!  年末の帰省で家を空ける直前に自宅に迷い込んできた小さな子猫。そのまま見過ごすわけにもいかず、あれこれ手を打とうとしましたが、年末ゆえに施設などには電話がつ...
あわせて読みたい
今年は何日帰省するのか…ピリピリの年末攻防バトル  関西在住の私たち一家。旦那の実家は車で1時間ほどのところにあり、月に1回は子どもたちを連れて遊びに行っています。一方、私の実家は福岡県なので、会えるのは盆と...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる