クリスマスに娘が夜間救急へ! 母赤面の出来事とは?!

 娘が2歳のクリスマス。母子2人暮らしの私達が、ショッピングモールへイルミネーションを見に行った時の事です。テンションが上がって走り回る娘。必死に止めようとする私。こうなると連れて帰るのに一苦労することは目に見えていました。私が「もうおしまい!」娘の左腕を掴んだ時です。確かに腕の奥で「カクン」と鳴ったような…。

目次

ぶら下がった左腕…

写真AC

 「イタイー!」
 娘は周囲の人も振り返るほど大泣き! 抱き上げたものの「腕が抜けた!?」と内心ハラハラ。保育士歴10年の私は、「あの程度で腕は抜けない」という自信と
 「踊っていただけで抜けた」という友人の言葉が頭をグルグル巡っていました。泣き疲れて眠る娘を見て無事を願うばかりでした。

 ところが起きた娘はご機嫌で、プレゼントを選んで食事も完食しました。が、左腕は動きません…。左側にお気に入りの人形を置いても右手で取るし、テーブルに左腕を乗せても気付けば下ろしている。機嫌はいいけれど、ぶら下がる左腕がやはり気になり、夜間救急へ行く事にしました。

クリスマスにごめんね。不安と罪悪感

 混み合ってる院内。看護師さんが娘の腕を上げ下げし、離します。左腕は、ぶらーん…。首をかしげる看護師さんに、娘は無反応のままです。看護師さんは
 「痛がらないのにねぇ… 先生に診てもらおうか。先生ちょっと口悪いんだよね。大きいし泣いちゃうかな!?」と言いました。

 楽しかったクリスマス。「プレゼントを選んでご飯を食べて… でもずっと痛かったんだね。しまいにはお医者さんを見てきっと大泣きさせてしまう… 娘よごめんね」私の胸は罪悪感でいっぱいでした。

大きな男性医師を目の前に、娘がとった行動

写真AC

 診察室には、大柄・裸足にスリッパ・強面の男性医師がいました。
 「どれ! どこ?」と強めの口調で娘の左腕をとり、ねじって曲げて伸ばして… まだ人見知りの残る娘は、泣きも笑いもせず“無”の状態です。

 「大丈夫そうだけど?」と言って医師は引き出しを開け、あるものを娘に差し出しました。
 すると! それまで“無”だった娘が「はっ!」という顔をして、とっさに左手を出し、しっかり受け取ったじゃないですか!

 看護師さんも笑って
 「なーんだ」と一言。人形を見ても、ご飯を目の前にしても動かなかったのに、左腕を動かしたのは、なんてことない“動物のシール”でした。

 医師は
 「もし抜けたとしても一瞬だね。どこも抜けてなかったから」と一言。唖然としていた私に
 「はいはい、もう帰ってー」と言いました。

 「お騒がせしました。」と頭を下げ
 「シール!」とご機嫌の娘を連れて診察室を後にしました。きっと私は、トナカイの鼻のように赤くなっていたでしょう。

腕が動かなかった原因は?

 そう… 娘は女優のような演技力の持ち主なのです!
以前も2回ほど
 「足がイタイ」と訴え、動けなくなったことがありました。最初はとても心配しましたが、途中で気付いたのは「しびれただけ?」ということ。両脇を抱え立たせても、「大丈夫」と思えるまで頑に動かない娘。私は、別名“ビビリ”とも呼んでいます。

 まさか今回も名演技だったとは…。最終的に、無心になっているところに、シールが出てきて思わず腕を伸ばしてしまい、女優の魔法がとけた娘。帰りの車の中でも
 「センセイ! シール!」と喜んで顔や左腕に貼って遊んでいました。

 あんなに心配したのに! ごめんねって罪悪感でいっぱいだったのにー!
 こうなったら、ぶれずに演じきる根性を生かして立派な女優になってくれ! と、2歳児の将来を願う母でした。

(ファンファン福岡公式ライター / ちょこまま)

あわせて読みたい
4歳の娘がお年寄りを転ばせた? 救急車に警察まで来てパニックに… 家の近くの公園で遊んでいた時、娘が散歩中のご老人を転ばせてしまったようでかなりの大ごとに。救急車だけでなく警察も来る事態となり、娘がしてしまった事の大きさに親として猛反省したエピソードを注意喚起の意味も含めてお話します。
あわせて読みたい
こんな大ごとになるなんて…3歳の息子が買い物中に宙に!  世の中には、思いも寄らない出来事がたくさん起こりますよね。息子が3歳の時、買い物中に身の毛がよだつ思いをしました。何があったのか、父親ライターがお話します。...
あわせて読みたい
白目をむいて意識がない!?救急搬送されそうになった息子。実は・・・ 兄弟姉妹は、家族でありながら、親の愛情を巡るライバル関係でもあるようです。 我が家には、4才の娘と、2才になる息子がいますが、毎日、ママの膝を独占して抱っこして...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる