「こわい! 虫が来る!」真夜中に幻覚を見る娘 親も恐怖の熱せん妄

 「熱せん妄」をご存じでしょうか? 子どもが熱を出した際に、ぼーっとしたり意味のわからないことを言ったりと、異常な行動をとることを「熱せん妄」と呼びます。ちょうど娘が3歳になった頃、わが家でも恐怖の熱せん妄を体験することとなったのです…。

目次

高熱を出した娘

写真AC

 娘が3歳になってすぐのことです。保育園から「熱がある」と呼び出され、仕事を早退してお迎えに向かいました。熱は38℃ほどありましたが本人はいたって元気な様子。

 迎えてすぐ
 「ママ、パン食べた〜い」というくらいに食欲もあり、病院からもらった解熱剤も家に残っていたので、そのまま自宅で様子を見ることにしたのです。

 夜になって疲れがきたのか娘はいつもより早い19時には眠りにつきました。この時の熱は38.5℃前後。少し息は上がっているものの、ちゃんと眠れていたので「明日になっても下がらなかったら病院へ行こう」と考え、そのまま様子をみることにました。

夜中に突然の恐怖が襲う…

写真AC

 恐怖は真夜中にやってきました。

 「パパ! ママ!! こわい! きゃーっ!!!」突然、娘の悲鳴が聞こえたのです。驚いた私が娘のほうをみると、隣で寝ていた夫に必死でしがみつく姿がありました。

 夫は
 「怖い夢見たの? 大丈夫だよ〜」と声をかけ、娘の背中をトントン。
 「ねぼけちゃったのかな、可愛いね」なんて話し、娘も一瞬落ち着いたかのように見えたその時、再度
 「きたっ! こわい! こわい! だっこしてだっこ! きゃーーー!」と言って窓や天井を指差し、必死に抱っこをせがみ始めたのです。

 その怯え方は尋常ではなく、まさに「見えない何か」が見えているようでした。抱っこされてもなお、窓を指差し
 「むし! こわい!」とバタバタと暴れる娘。

 そんな娘の異常な行動に私は恐怖を覚え、動悸と震えが…。とっさに娘の目をふさぎ
 「ほら見えない。目つぶったら見えないから大丈夫だよ」と声をかけ続けました。

 それからは、目を開けてまだ「虫」が見えているようなら目をふさぐの繰り返し。すると娘も徐々に落ち着きを取り戻し、目を開けても大丈夫な状態になりました。

恐怖からひと晩明け…

写真AC

 その後、娘は何事もなかったかのように再度眠りにつきましたが、私と夫は心配でほぼ眠れずに朝を迎えました。翌日、すっかり平熱に戻った娘に昨夜のことを聞いてみると
 「わからなーい」といった返答で、なんとまったく覚えていなかったのです。

 熱せん妄は1〜10歳の子に見られる症状で、珍しいことではないそう。まずは親が落ち着いて、子どもを抱きしめ安心させてあげること、パニックから家を飛び出してしまう子もいるため、窓・玄関の鍵はしっかりしめておくことが大切だと病院の先生が教えてくれました。

 当時、熱せん妄なんて言葉すら知らなかった私は、状況が把握できず本当に焦りました。こんな症状があるんだ! と事前に知っておくことで、多少構えておけるのではないでしょうか。親も恐怖の熱せん妄体験記、少しでもどなたかの参考になれば幸いです。

(ファンファン福岡公式ライター/きゆな なみ)

あわせて読みたい
シバリングとは? 熱性けいれんとは違う!?   2歳になるわが家の次男は、1歳前に熱性けいれんを発症し、この1年間に5回は救急搬送されています。先日も次男が高熱を出して震え始めたので救急車を呼びましたが、搬送先で「これは熱性けいれんではないですよ」と医者に言われ、驚いたエピソードを紹介します。
あわせて読みたい
4歳の娘がお年寄りを転ばせた? 救急車に警察まで来てパニックに… 家の近くの公園で遊んでいた時、娘が散歩中のご老人を転ばせてしまったようでかなりの大ごとに。救急車だけでなく警察も来る事態となり、娘がしてしまった事の大きさに親として猛反省したエピソードを注意喚起の意味も含めてお話します。
あわせて読みたい
クリスマスに娘が夜間救急へ! 母赤面の出来事とは?!  娘が2歳のクリスマス。母子2人暮らしの私達が、ショッピングモールへイルミネーションを見に行った時の事です。テンションが上がって走り回る娘。必死に止めようとする私。こうなると連れて帰るのに一苦労することは目に見えていました。私が「もうおしまい!」娘の左腕を掴んだ時です。確かに腕の奥で「カクン」と鳴ったような…。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる