ポテサラおじさんの仲間入り? 炊事に対して優しくない夫

 総菜のポテトサラダを食卓に出すのは手抜きだとか、唐揚げは手抜き料理だとか、問題発言をするおじさんがメディアをにぎわせています。そんな話を聞くたびに「世の中の主婦がどんなに大変か、1回やってみろ!」と怒りたくなります。それは、私の夫にも言いたいことです。わが家の実情を紹介します。

目次

妻が料理に手間をかけるのは当たり前だと思ってる?

出典:beeboys – stock.adobe.com

 私の夫は、基本的に優しい人です。洗濯物を干したり、掃除機をかけたりしてくれるので、ママ友の間では「いい旦那さん」となかなか評判です。  そんな夫ですが、炊事だけは手を貸してくれません。どうやら夫は「家族のために、妻が料理に手をかけるのは当たり前」という考えが染みついてしまっているようです。  夫は、私と結婚する30代半ばまで実家暮らしでした。しかも義母は料理上手で、昭和時代に厚生省(当時)が推奨した「1日30品目」の献立を実践していたというスーパー主婦です。  「毎日テーブルは、おかずでいっぱいだった」とうれしそうに語る夫に、私は「義母みたいに料理はできないし、仕事もあるから、ちょっとくらい炊事も手伝ってよ」と何度も頼みました。  しかし育った環境の影響が大きく、結婚して10年以上たつ今も、夫にとって炊事は“妻の仕事”のようです。  それでも根は優しい夫。「私が仕事で忙しい中、毎日食事の支度をするのは大変そう」とは思ってくれているようで、「今日は簡単なごはんでいい?」と聞くと、快く答えてくれます。  しかし、実はその返しが私をイラッとさせるのです。

夫が言う“簡単メニュー”に、毎度イライラさせられる私

出典:川崎市民団体Coaクラブ – stock.adobe.com

 ある日の夫の返事は、「いいよ、焼き魚で」でした。  私は「焼き魚ですって? まさか焼き魚が簡単と思っているの?」と耳を疑いました。  だって、さすがに魚1匹を焼いて終わりというわけにはいきません。きんぴらごぼうや青菜のおひたしなど、副菜や汁物を添えないと寂しい気がします。  料理を作るのはもちろん、その献立を考えるのも面倒だから、簡単なメニューにしたいのに…。自炊生活をしたことのない人はそんなことも想像できないのかと、ため息が出ました。  私にとって“簡単なごはん”とは、1皿でたんぱく質、脂質、炭水化物の三大栄養素が満たせるメニュー。例えば、焼きそば、麻婆豆腐、パスタなどです。  そもそも、夫が焼き魚が簡単だと思っているのは、恐らく義母が「今日は簡単に焼き魚で」とでも言っていたからでしょう。私がいくら修正しようとしても、しっかりその考えが染みついているようで変えられません。  毎回気を使っているつもりの夫に対し、イライラしてしまう私。お互いのために、これからは夫に意見を求めずに、私がその日作れるメニューだけを作っていくのがよさそうです。 (ファンファン福岡公式ライター/ハナコ)

私はあなたの母親とは違う!ワンオペ育児で、マザコン旦那に怒り爆発

夫を見るだけでイライラ…育休を取ってくれたけど、もうコリゴリな話

運動部顧問の旦那は、夏休みがない?!「部活未亡人」が手を組む日がやってきた!

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる