初対面で年収を聞く!? 新年会で出会った失礼な先輩ママ

 町内会の新年会で、とある先輩ママに初めて出会ったのでご挨拶。しかしこの方、とんでもないトラブルメーカーだったのです…。

目次

町内会の新年会に、見知らぬ先輩ママが

写真AC

 夫の仕事の関係で、人口の少ない町に引っ越してしばらく経った頃の話です。引っ越し先の町はいわゆる過疎地域だったので「町内会」の活動がさかんでした。例えば盆踊り、秋祭り、町内の清掃活動など…。幸いご近所さんたちはいい人ばかりで、私たち一家は楽しく行事に取り組んでいました。

 年が明けて1月中旬、地域の「新年会」が行われることになり、家族で参加しました。そこで出会ったのがAさん。私よりも10歳くらい年上のようです。

 私の娘と学年は違うようですが、同じ保育園に通っているようで、娘同士は面識がある様子でした。
 「こんな身近に先輩ママがいたんだ。仲良くできたらいいな」とその時は思っていたのですが…。

「無口な人」だと思っていたら

 私から何度か話しかけてみても、Aさんは
 「うん」
 「いえ、別に」と短く回答するばかりで、話は全くふくらみません。「あまり話をするのが好きじゃないのかな」と思ったので、別の方と話をして過ごしました。

 その後、新年会もおひらきとなり、会場の片づけをすることに。町内会の人も少しずつ帰宅していき、会場には私の家族とAさん一家、それと別の人が数人いるくらいになりました。

 その時、Aさんが
 「ちょっといいかしら?」と食器を片付けていた私に声をかけてきました。何だろう? と思いつつAさんについていき、会場の隅のテーブルに2人で向かい合って座りました。

 すると、さっきまで無口だったAさんが
 「最近引っ越してきたんでしょ? 出身はどこなの?」と、質問をしてきました。しかもかなりキツイ口調です!

圧迫面接のごとく尋問してくるAさん

写真AC

 出身地を答えた後も、立て続けに
 「大学はどこを出たの?」
 「旦那とはどこで出会ったの?」など、プライベートな事を聞いてきます。町内の人が近くにいる時は、静かに返事をしていた人は思えない豹変ぶりでした。

 私は何だか怖くなって、回答をはぐらかしたりしていたのですが、Aさんの質問はなかなか止まりません。質問というよりは尋問に近いです。口調や表情はどんどん厳しくなっていき、最後には
 「あなたの旦那の年収は? 妻なら把握してるでしょ?」と、もはや意味不明の問いかけ…。

 初対面の人にする質問じゃないでしょ… と、怒りたかったのですが、Aさんの様子の異常さから「この人は相手にしちゃいけない人だ」と判断し、私はニコニコしながら
 「すみません、私は聞かされてないんです…」と、逃げの回答に徹することに。

 その態度が気に障ったのか
 「他の人はあんたら一家の事をチヤホヤしてるみたいだけど、私は認めないからな!」と、声をかけ、Aさんは帰宅していきました。

被害者は私だけじゃなかった

 一連の流れを遠くから見ていた町内会のおばあちゃんが
 「大変だったねぇ。Aさんは突然火が付いたように他人を攻撃することがあるのよ…」と、私に声をかけてくれました。

 後日、保育園のママ友にもAさんの事を聞いてみると
 「あぁ… Aさんね。先生も他のママ達も、あの人の文句や勝手な言い分にいつも困ってるみたいよ」と、教えてくれました。どういう基準でスイッチが入るのかは全く分からないのですが、色んな人に突然攻撃を始めるのは有名な話だったようです…。

 その後は町内の行事には参加しつつも、なるべくAさんと2人きりにならないように気を付けています。人口が少ない田舎では、「縁を切りたい」と思ってもなかなかスパッと切れないのが現実です…。初対面の人とお話するときはその人の「周囲の人」の反応を見ながら、慎重に進めていく事をオススメします。

(ファンファン福岡公式ライター / すずとふくみみ)

あわせて読みたい
家族が寝込んでも新年会へ出席しようとした夫。 驚きの理由とは…  大変な時ほど助け合えるのが家族というものではないかと思うのですが、残念ながら、私の夫は違っていたようです。それが判ったのは、病気で苦しんでいた私と子供たちを残して、夫が取ろうとした行動からでした。
あわせて読みたい
おバカ旦那・驚きの忘年会スケジュール 言い訳がひど過ぎる!  12月に入って忘年会シーズン到来。なぜか毎週日曜日に旦那の忘年会があると言います。メンツもほぼ変わらず、飲んでる店も一緒。何をそんなに忘れたいんだか、ただ飲みたいだけなのか…。コロナ禍で給料がダウンして、家族は節約を強いられているのに! 怒り心頭の私に、旦那が放ったあまりにも呆れてしまう言い訳を聞いてください。
あわせて読みたい
ストレスMAX! 在宅勤務中トイレにこもる夫のせいで体調不良に!  長引くコロナ禍、わが家の夫も週の大半は自宅でのテレワークです。もともと在宅で仕事をしていた私が最もストレスに感じるのは、夫がトイレに長時間こもって、行きた...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる