わが家の大事件、育休延長申請を忘れた! 育休は延ばせる?

 私は子どもを出産後、産休・育休を取得しました。満1歳クラスに4月からの入園を希望していたので育休延長が必要で、1歳のお誕生日月に入所できない証明を提出する必要がありました。ですがこの手続き、なんと私はすっかり忘れてしまっていたのです…。

目次

大ピンチ! 保育園入所申込みをし忘れた

写真AC

 わが子の誕生日は7月で、育休延長の手続きは誕生日月の前月までに申請をする必要がありました。つまり遅くても、6月下旬には、保育園申請の手続きを開始しないと間に合わないタイムスケジュール。
 ですが、会社の社長から
「保育園に入所できないという書類をそろそろ提出してくれ」と言われ、そこですっかり忘れていたことに気づきました。

 その日は7月1日。それは”本来ならば“もう育休手当は支給されないということを意味していました…

 すぐに夫に相談、なんとかならないとかと夫もネットで調べてくれました。社長にもすぐ連絡をすると
 「会社としては育休延長はできるが、育休手当がでるかはわからないので社労士さんに聞いてみる」との事。
 せっかちな私は待てず、自ら社労士さんにも相談の連絡をしました。しかし
 「正直難しいとは思いますが、一応やれることはやってみてもいいのでは?」という少し他人事のような反応でした。
なので、私自身も区役所に「申請もれの場合どのような対策があるのか、対応をしてもらえるのか」などを聞き、ハローワークにも「延長できる可能性はあるのか」を聞きました。

 しかし確認したところ、ハローワークから
 「期限が過ぎたならもう厳しい」といわれてしまい、絶望することになりました…。夫は1度も責めることはなく
 「仕方ない! 復帰するしかないね」と言ってくれました。会社の社長も優しく対応して下さり、今回は仕方なかったと受け入れ覚悟をきめつつありました。

 でもまだ当時0歳の子どもと一緒に毎日過ごして成長を見守りたい! と諦めきれずなんとか延長できないかと奮闘することに。

諦めない! 育休手当を延長させるぞ!

写真AC

 育休手当延長を目指し
 「保育園申請が期限内にされたものでないなら無理です」と、電話で冷たくあしらわれた会社管轄のハローワークに一か八かで申請してみることにしました!

 意味もなさない、期限を過ぎて申請した「入所申込み書」のコピーを取り、区役所で「保育園に入っていない確認書」、「保育園の空きなし確認書」(この2枚は区役所に相談した際に、こんなのなら出せるよ! と教えてもらっていたものです)を用意して、社労士さんに「保育園に入れていないという疎明書」を作って頂き、更に育休延長が認められないと生活が困難のため認めて頂きたいという「嘆願書」を自分で作り… 上記全ての書類をハローワークへ嘆願したのです!

 ここまでしてダメならもう諦めるしかないというところまでいきついた頃、申請から2、3週間ほどしてハローワークから一本の電話が… ドキドキのなか話を聞くと、
 「お控えは会社かご自宅どちらにお送りすればよいでしょうか?」といった内容でした。

 もし申請が通らないのであればハローワークが手続きすることはないので、私に控え云々の連絡なんてこないはず。申請が通った可能性が高い! と期待も高まった3日後、自宅に育休延長手当の手続き申請の控えが届きました!
 こうして、無事に育休手当が支給され、平和な日常に戻ったのです。

 申請もれに気づいた時は育休生活が送れなくなるのではないかと辛い気持ちになりました。私の体験は珍しいのかもしれませんが、諦めず頑張って良かったです。

(ファンファン福岡公式ライター/coconote)

あわせて読みたい
夫を見るだけでイライラ…育休を取ってくれたけど、もうコリゴリな話  妊娠する前から育休取得を宣言し、妊娠中も私の体をいたわってくれた夫。  「この人となら、つらい育児もきっと乗り越えられる…!」。そう期待を膨らませていた私で...
あわせて読みたい
子育てしながら仕事続けるつもり? 理解のない上司を論破した話 私が勤めていた保育園では過去に産休・育休を取得した人数はゼロ。つわりが酷いから、大きなお腹で子ども達の相手は大変だから… などの理由で、妊娠発覚と共に退職する先生ばかりでした。私は知らなかったのです… 尊敬する先生方が退職した本当の理由を。
あわせて読みたい
娘が寝る前に言う「ママ大好き」 本当の意味を知って泣けた話  子どもを妊娠・出産しても、仕事をセーブしたくなかった私は毎日必死でした。「子育ても仕事もうまく両立させる」そう思っていましたが、実際は子どもの気持ちに寄り添えていなかったのです。そんなワーママが「ママ大好き」の言葉で泣いた話です。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる