「僕のゴールで絶対に勝つ!」アビスパ福岡の遠野選手にインタビュー

 今季、川崎フロンターレからアビスパ福岡に期限付き移籍で加入した遠野大弥選手(FW)。現在、チーム最多得点の活躍を見せています。10月4日(日)に実施される福岡ダービー(対ギラヴァンツ北九州戦)への意気込みや今後の目標などを、リモート取材で聞きました。(取材/川添道子)

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

―福岡の印象は?  福岡といえば、おいしいものがたくさんあって、熱い人が多いというイメージを持っていました。実際に食事はおいしいし、サポーターも熱い! 2月23日のギラヴァンツ北九州との開幕戦には、アウェーにもかかわらずたくさんの人が応援に来てくれて、まるでホームのような雰囲気でした。アビスパの前身は静岡県藤枝市に本拠地を置いていた藤枝ブルックス。僕もアビスパも藤枝出身ということで、このクラブと福岡の街には縁を感じています。

出典:©avispa fukuoka

―開幕戦で見事J 初ゴールを決めましたね!  僕にとって、あの日はJリーグデビューの日でもありました。人生に1度しかないデビュー戦でスタメン出場し、ゴールを決めて勝つことができ、それが自信につながりました。開幕戦では、僕のことを知らないファンやサポーターも多かったと思います。きっと今でもまだまだ無名。これから、もっといいプレーをして、たくさんの人に「遠野大弥」という存在を知ってもらいたいですね。

―昨季は企業で働きながらプレーをしていました。何が変わった?  昨シーズンまでは、どうやって仕事とサッカーを両立させていくかを考えながら生活していました。それが、今はプロサッカー選手として24時間全てを大好きなサッカーに費やすことができる。それが一番変化した点で、うれしいところです。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

―過密日程が続きますがリフレッシュ法は?  お風呂が好きなので、ゆっくり湯船に漬かることです。今は(新型コロナウイルス)感染防止のために外出を控えてはいますが、元々あまり外に出ていくタイプではないので、練習以外は部屋でのんびりと過ごしています。他には、おいしいものを食べること!  好物は、すしと焼き肉。福岡のすしって絶対おいしいですよね…。早く食べたいです!

―心掛けているプレーは?  相手選手が嫌がるポジションを取ることと、ボールが足元にあってもなくても常に前(ゴール)に向かって進んでいける動きを意識しています。長谷部(茂利)監督からは攻守ともにアグレッシブにいくように言われていて、攻撃だけでなく守備でも全力を出しています。チャンスにつながる積極的な守備にも注目してください。

出典:©avispa fukuoka

―10月4日の福岡ダービーへの意気込みを。  相手は好調の北九州ですが、ホーム戦なので今回も負けられない。しっかり準備して勝ちたいと思います。いや、勝ちたいではなく、僕のゴールで絶対に勝ちます!

―今季の目標は?  ケガなく全試合に出場し、2桁得点、2桁アシストしたい。現状はまだまだ目標には遠いので、しっかり練習を積んで、チームの勝利とともに自身の目標も達成したいと思います。

出典:https://fanfunfukuoka.aumo.jp

―読者へのメッセージを。  スタジアムに観客がいるのといないのとでは、随分と雰囲気が違います。今は開幕戦のような声援は聞けませんが、手拍子などが聞こえてくると、苦しい場面でも力が湧いてきます。このような状況で、さまざまな制限はありますが、ぜひスタジアムに足を運んでアビスパを応援してください。みなさんに勝利を届けられるように頑張ります!

とおの・だいや

1999年3月14日生まれ、静岡県出身。165cm・66kg。昨年はHonda FCで活躍。今季から川崎フロンターレに加入し、アビスパ福岡に期限付き移籍中。FW、背番号26。

アビスパを応援! 10/4ギラヴァンツとの福岡ダービーに注目を!

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる