義実家への帰省は短くしたい! 腹黒い私の秘策とは…

 今年のお正月、皆さんはどう過ごしましたか? 義実家への帰省で疲れた人も多いのでは。「結婚したら夫の実家に帰省するのが当たり前」という風潮。夫にとっては慣れ親しんだ家への帰省ですが、私にとっては苦痛以外の何物でもありません。少しでも帰省日数を減らしたい、私の腹黒い考えを暴露します。

目次

結婚当初はお客様扱いだったのに…

写真AC

 結婚当初は、お盆や正月にお互いの両親に会いに行っていました。私の実家は車で4時間、夫の実家は2時間かかります。でも私の両親は連休でもバリバリ働くタイプ。帰省を待ち望んではおらず、いつからか夫の実家のみに絞られるようになりました。

 最初は、お嫁さんになった初々しさからか
 「あなたは座っていて」と、お客様扱いでした 。1泊が定番で、義両親とショッピングや外食を楽しむことも。育ってきた環境が違うため、戸惑いはありましたが「いずれ慣れるだろう」と思っていました。義両親も優しく、年に2〜3回の帰省なら負担を感じませんでした。

子どもが産まれたら激変! 義実家の家政婦へ

 しかしそれも結婚当初だけ。子どもが産まれてから、孫のあまりの可愛さに義両親は激変!
 「1泊なんてせわしない! こちらにも都合があるのだから… せめて4泊はして欲しいわ」と言い始めたのです。 

 「初孫だから長く一緒にいたいのかな。そこまで不満もないし大丈夫かな」と、了承したのが間違いでした。お客さん扱いは終了し、帰省してすぐに食材の買い出しや仕込みを命じられ… 見事に嫁としての務めを果たすことになったのです。  

 次第に
 「子どもは見ておくから」と、掃除や洗濯まですることに。夫は地元の友人と飲みに出かけたり、義両親に普段の仕事を労ってもらったりしてご満悦。私は気疲れで休みが終わるとグッタリです。
 家に帰れば4泊分の荷物の整理や掃除で、とんでもない負担でした。4泊の帰省に1年で懲りた私は、日数を減らそうと計画することに。

 しかし、仕事を言い訳には断れません。夫に相談しても
 「子どもを見てもらえて、ゆっくりできるし良いんじゃない?」と的外れな返答。普段はとても良き夫ですし、両親の悪口を言われたら良い気もしないだろうと考え、責めることは止めました。
 それでも絶対に連泊なんてしたくないと思った私は、帰省日数を減らすためにさまざまな作戦を決行したのです。

腹黒い私の秘策!

写真AC

 まず企んだのは、夫と共通の友人との飲み会です。私が率先してスケジュールを調整して、あえて連休の真ん中に飲み会を設定! 夫は飲み会を優先するため、義実家には
 「こっちで用事があって… 帰省はそれが終わってからだから2泊になるよ」と連絡します。夫からの連絡であれば角が立ちません。

 そこですかさず私は
 「今回はゆっくりできなくて残念ですぅ」と連絡。我ながら良い嫁です。
 その他にも、子どもの好きなキャラクターショーの予約や、子ども同士の付き合いを入れて何とか1~2泊に抑えられるよう調整しています。

 もちろん
 「お義母さんに黒豆のレシピ教えてもらいたかった…」
 「どうしても子どもが参加したいみたいで」と、私自身の意見ではないことを強調するのを忘れません。すると義両親は
 「夫や子どもがしたいことなら仕方がない」と納得してくれます。

 今年のお正月はコロナ禍ということもあり、「万が一を考えて外で会う&日帰りで」と提案。
 「早くゆっくり会いたいです~」と一言添えながら…。新型コロナウイルスが終息しても、なんとか帰省日数だけは調整しようと思っている私でした。

(ファンファン福岡公式ライター/山本a)

あわせて読みたい
楽しい帰省が家族全員大慌て?! なんと息子は○○だった! 私の実家は田畑の多い田舎にあります。2歳の息子にとって広い庭はレジャー施設。私も息子も、年に1~2回の帰省を楽しみにしていました。しかし、年末の帰省で息子の意外な体質が判明し大騒動に…。楽しいはずの帰省が悲劇に変わったエピソードをお話しします。
あわせて読みたい
年末は義実家にゆっくり帰省のはずが… 義母の気遣いでヘトヘトに わが家の年末は義実家への帰省が恒例。義実家と聞くと、ママは手伝いで大変そうなイメージがありますよね。私の場合は嫁を気遣ってくれる義母のため、そうした悩みはないのですが・・・。ある年の年末、義母のすすめにより、かえって疲れ切ってしまう出来事が!
あわせて読みたい
旦那の実家に帰省中に事件が! 義両親との気まずすぎる時間…  年末年始やお盆休みなど長期休暇には夫の実家へ帰省されるご家庭が多いのではないでしょうか。 そんな帰省中に起こった私の冷や汗が出るような、義両親との気まずい出来事をご紹介します。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる