スタディサプリ(スタサプ)は中学生の通信教育としてどう?実際の保護者の声を紹介

スタディサプリ(スタサプ)は中学生の通信教育としてどう?実際の保護者の声をご紹介

中学生の子ども向けの通信教育を選ぶとき、実際に使っている人の声って気になりますよね。中でも今回は「スタディサプリ(スタサプ)」に焦点を当てて、実際にスタディサプリ(スタサプ)を中学生の子どもに使わせている保護者にアンケートを実施。実際の保護者の口コミを紹介しているので、利用を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

アンケート概要と回答者

調査概要:通信教育の利用に関する調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年11月6日〜19日(14日間)
人数:20代〜60代の男女12人(男性1人、女性11人)

スタディサプリ(スタサプ)のサービス内容

出典:https://studysapuri.jp/course/junior/

ここではスタディサプリの特徴について説明していきます。これから利用を考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

スタディサプリの基本情報

・運営会社:リクルート
・対象学年:小学1〜6年生、中学1〜3年生、高校1〜3年生、社会人(英語)
・授業形式:通信・ネット

スマホもしくはタブレットがあればOK

スマホやタブレットさえあればスタディサプリ(スタサプ)は利用可能。部活動や習い事で忙しい子どもの隙間時間を有効に活用できると評判の通信教育です。紙の教材と異なり、スマホやタブレットしかないため、かさばらず手軽に学習できます。

2週間の無料お試し期間付き

スタディサプリ(スタサプ)には2週間の無料お試し期間があります。通信教育は実際に始めてみてつづかなかった、子どもと相性が悪かった、その結果ただただ料金を支払うだけになってしまったという失敗談も。その点スタディサプリは2週間以内の解約であれば無料というお試し期間があるので、その期間に子どもとの相性をみることができます。また、「まなレポ」という保護者が子どもの学習状況をモニタリングできるツールもあるので、あまり利用していないようならやめるという選択肢もあります。

中学校の勉強に必要な要素をコンパクトにまとめている

スタディサプリの大きな特徴として、プロ講師による要点のまとまった1回5分の授業が受け放題であること、そしてツボを押さえた1万問以上の演習問題も解き放題ということ。要スタディサプリは5教科すべて教科書に対応しているので、日々のテスト対策はもちろんのこと、高校受験対策も可能です。

実際の利用者に聞いた!スタディサプリ(スタサプ)って中学生の子どもに使わせるべき?

ここでは実際に利用している保護者の満足度や利用の決め手となったポイントや使って良かったポイント、気になったポイントについての口コミを紹介します。

【中学生版】スタディサプリ(スタサプ)の満足度は?

ここでは、実際にサービスを利用した満足度について星1(★)から星5(★★★★★)の5段階で評価してもらいました。その評価の理由と合わせて確認してみましょう。

スタディサプリ中学講座グラフ
出典:イエゴト調査隊

スタディサプリ(スタサプ)の利用を決めたきっかけ

  • 「本人が塾通いは乗り気でなく、気軽に始められると思ったため」(50代女性)
  • 「友達にすすめられたから」(30代女性)
  • 「体育会系のきつい部活に所属していたので、夜の進学塾通いは体力的に辛かったため」(50代女性)
  • 「本人が塾には行きたくないと言ったため。安価だったため」(30代女性)

スタディサプリの利用のきっかけとしては、気軽に始められそう・友人のすすめ・子ども本人の希望でした。子どもが習い事や塾、部活で忙しいとなかなか参考書を開いて勉強するのはハードルが高いです。スタディサプリはスマホやタブレットがあれば学習できるので、スキマ時間にできるのが大きなメリット。学習習慣をつけるために学習のハードルを下げようという意図で始める人もいるようです。

スタディサプリ(スタサプ)を使って良かった点は?

  • 「学年・教科を問わず、好きな時間に学習できる。教材だけでの学習だけでなく、実際に授業のような動画があるので理解しやすいようです。わからないところは何度も繰り返し見ることができることと、保護者がアプリで学習内容を管理できる点も助かっています」(40代女性)
  • 「単元ごとに細かく分類されているので無駄なくやりたい部分だけを勉強する事ができて効率が良かったです」(40代女性)
  • 「子どもの理解度に合わせてレベルを選択でき、カリスマレベルの先生がわかりやすく解説してくれた。授業内容がチャプターごとに区切られているので、一回の学習時間が長すぎず負担にならないようだった」(50代女性)
  • 「子どもの通う学校の使用している教科書に沿った動画があった。特に国語は助かった。あと、自分のペースで学習が進められるので、夜は早く寝て朝勉強するなど柔軟に対応できた」(50代女性)
  • 「授業の説明がわかりやすい。自分のペースで学習ができる。進んで学習してくれる」(30代女性)

今回のアンケートでは、スタディサプリのメリットとしては要点を絞った内容を効率的に学習することができる点を挙げる人が多かったです。また、学習をサポートしてくれるシステムがあるので、子どもに任せっきりでも大丈夫。このように親による声かけが少なく済むというのもメリットに感じている人がいるようです。

スタディサプリ(スタサプ)を使って気になった点は?

  • 「わからないところを質問できるシステムがあれば良いなと思います」(40代女性)
  • 「教科それぞれで、内容の理解しやすさに差が出てくると感じました。各先生の違いですね」(50代女性)
  • 「モチベーション維持のためには親が関与しないといけない。あと、通信機器を使っての学習することで、常に中学生にはゲームやYouTube などの誘惑がある」(50代女性)
  • 「段々興味と緊張感がなくなり、ただ動画をつけているだけ、3倍速で流して、授業を受けたふりをしているだけになり、学校が始まると全く取り組まなくなった。先生の話し方が好きではない教科は、特に受けたくなかったようです」(40代女性)

スタディサプリでは疑問に思ったことを質問する場所がないようです。自走できる子どもは自分で調べて疑問を解決できますが、そもそも苦手科目を勉強している子どもはなかなか疑問点を自力で解消するのは難しいでしょう。また、スマホやタブレットを使うため、常に子どもにはYouTubeやスマホゲームなどの誘惑があります。最初の2週間で子どもとの相性をみておくことは重要でしょう。

まとめ

今回は通信教育の中でもスタディサプリの中学生の学習プログラムに焦点を当てて、実際に利用している保護者の満足度や、何が決め手となったのか、よかった点や気になった点についての口コミを紹介しました。スマホやタブレットを使って、1回5分の授業動画なので手軽にはじめられるのが大きなメリットとして捉えられている印象でした。また、2週間の無料期間があるので、子どもとの相性がみられるのは嬉しいですね。今後利用を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

料理、掃除、買い物、子育てなどなど、家の中には様々な「イエゴト(=家事)」があります。そんな様々な「イエゴト」を、【ファンファン福岡イエゴト調査隊】メンバーが調査していきます!

目次
閉じる