ひと味ちがう! 太宰府み~つけた! ~後編~

 天神から電車で約30分、気軽にリフレッシュできる場所として福岡県民に愛される太宰府。今回は、今までとは少しだけ違う視点で楽しむ太宰府をご紹介します。

目次

九州国立博物館

ミュージアムショップで個性的なお土産をゲット!  

虹のトンネルを動く歩道で移動 手水舎から徒歩約3分

 「九州国立博物館ミュージアムショップ」は、オリジナリティーあふれたグッズが人気! 収蔵品の「針聞書(はりききがき)」をはじめ「はにわ」モチーフなどが売れ筋です。 1階はチケットがなくても入れるフリースペースなので気軽に立ち寄れます。

左:野帳/385円
右上:手ぬぐい/1,350円 
右下:はにてん缶バッジ/全5種類・各350円

 人気のオリジナル手ぬぐいに新柄登場! 収蔵品「針聞書」の虫たちが瓶に封じこめられたデザイン。

2号はにわ・2号土偶/660円 ミニはにわ・ミニ土偶/1,100円 

ミュージアムショップ はにわ店長

九州国立博物館ミュージアムショップ

住所:福岡県太宰府市石坂4-7-2-1階
電話:092-918-8818
営業時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)

2・3月の特別展 
伝教大師1200年大遠忌記念 最澄と天台宗のすべて

会期:2/8(火)〜3/21(月•祝)
休館日:月曜(3/21は開館) 
九州国立博物館
住所:福岡県太宰府市石坂4-7-2
電話:050-5542-8600(ハローダイヤル)

coba cafe(コバ カフェ) 

全ての世代に愛される気まぐれカレーでほっこり

日替わりのcobaのカレーランチ/1,100円。写真はグリーンカレー。王道なのに新しい味わいがやみつきに 

 表参道のほど近くにたたずむカフェ。地元野菜をふんだんに使ったランチはどれもおいしいと評判です。寒い季節は心も体もほっこり温まるカレーがおすすめ! 写真映えする季節のスイーツも人気沸騰中!

昔なつかし、硬めプリン

 ビターなカラメルがアクセント。自家製プリン(プレーン)/520円 ※フルーツは季節により異なります 

coba cafe

住所:福岡県太宰府市宰府2-7-4
電話:092-928-2211
ランチ/11:00~14:30(売り切れ次第終了)
カフェ/14:00~18:00

竈門神社 

アートな空間で夕日を眺めお守りや香りに癒やされる!  

太宰府駅から車で約10分

 縁結びの神様として有名な竈門(かまど)神社は「鬼滅の刃」人気で話題に。そして実は、歴史と現代アートが同居するおしゃれスポットでもあるのです。ハイセンスなお守りやグッズにも注目!

 プロダクトデザイナー、ジャスパー・モリソン氏デザインの動く御影石のベンチが設置された展望舞台

月ごとに変わる香り

左:結び守り 初穂料/1,200円 

 アロマオイル「竈門十二香月(じゅうにかげつ)」は月ごとに宮司が命名。2月は「東風(こち)」、フルーティーでみずみずしい香り/10ml・3,000円、5ml・2,000円

 「喧騒(けんそう)を忘れてゆったりした時をお過ごしください」と、権禰宜(ごんねぎ)の馬場 宣行さん

コミュニティーバス運行

西鉄太宰府駅からはコミュニティーバス「まほろば号」が便利です。料金は100円 

宝満宮 竈門神社

住所:福岡県太宰府市内山883
電話:092-922-4106(9:00~18:00)

西鉄電車「旅人(たびと)」で太宰府へ行こう!

予約も特別料金も不要西鉄の太宰府観光列車でGO!

西日本鉄道「旅人」

開運カードは各車両のドア横に設置

 太宰府に行くならぜひおすすめしたいのが、西鉄の観光列車「旅人」。予約しなくても乗ることができるので、気軽に旅気分を味わえます。車内にて開運カードや願いごとの紙、記念スタンプなどを用意。乗るだけで縁起がよさそう!

記念スタンプ(右)や願いごとの紙(左)は3号車にあります。

乗るなら3号車が狙い目!

「旅人」3号車の車内 
あわせて読みたい
ひと味ちがう! 太宰府み~つけた! ~前編~ 天神から電車で約30分、気軽にリフレッシュできる場所として福岡県民に愛される太宰府。今回は、今までとは少しだけ違う視点で楽しむ太宰府をご紹介します。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる