Z会は高校生の通信教育としてどう?実際の保護者の声を紹介

高校生向けの通信教育を選ぶとき、実際に使っている人の声って気になりますよね。今回は「Z会」に焦点を当てて、実際にを高校生の子どもに使わせている保護者にアンケートを実施。実際の保護者の口コミを紹介しているので、利用を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

アンケート概要と回答者

調査概要:通信教育の利用に関する調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年11月6日〜19日(14日間)
人数(男性・女性):20代〜60代の男女5人(男性1人、女性4人)

Z会のサービス内容

出典:https://www.zkai.co.jp/high/

ここではZ会の特徴について説明していきます。これから利用を考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

Z会の基本情報

・運営会社:増進会ホールディングス
・対象学年:幼稚園年少〜年長、小学1〜6年生、中学1〜3年生、中高一貫校、高校1〜3年生、大学生、社会人
・授業形式:通信・ネット

カリキュラム学習で学校の進度に合わせた学習

実は学校によって授業の進度は異なることがあり、単元の前後入れ替えなどは比較的よくあります。一般的にどのように単元を進めていくのかは学校によって大きな流れは決まっていますが、中には単元の順番を組み替えて独自のカリキュラムを設定している高校もあります。その点、Z会では「オープンカリキュラム」という自由度の高い学習内容設定によって学校の進度に合わせた進め方が可能です。特に中高一貫校や進学校の場合は、カリキュラムも特殊な場合もあるのでぴったりです。

AIによる効率的な学習プランを生成

Z会ではAIを用いて学習スケジュール生成する「AI速効トレーニング」を実施しています。これは子どもの日頃の学習内容などの情報を蓄積し、そのデータをもとにAIが「きちんと身についたか」「身につけるためのベストな出題順序」「精緻な現在の到達度の算定」を徹底管理します。この「AI速効トレーニング」によって最短ルートで、そして的確な状況把握とそこから導き出される本人に必要な学習内容を生成してくれます。

新・高校1年生〜大学受験を控えた高校3年生、中高一貫生もカバーする幅広いコース設定

Z会では高校生の各段階にわせたコースを用意しています。新・高校1年生のコースでは学習量も質も上がる高校生活のスタートダッシュをサポートします。高校2年生から高校3年生のコースは、オープンカリキュラムによる自由度の高い単元構成や、苦手を克服し得意を伸ばすAI学習で大学受験を見据えた地盤固めにぴったりです。大学受験生にはZ会ならではの良問ぞろいの志望大学別の演習で回答力と得点力を養います。最後に中高一貫校生には早い段階からの大学入試を見据えた学習が可能で、オープンカリキュラムによってオリジナリティのある中高一貫校の学習進度に対応して着実に学力と成績を上げていきます。

実際の利用者に聞いた!Z会って高校生の子どもに使わせるべき?

ここでは実際に利用している保護者の満足度や利用の決め手となったポイントや使って良かったポイント、気になったポイントについての口コミを紹介します。

【高校生版】Z会の満足度は?

ここでは、実際にサービスを利用した満足度について星1(★)から星5(★★★★★)の5段階で評価してもらいました。その評価の理由と合わせて確認してみましょう。

Z会,高校生,満足度
出典:イエゴト調査隊

Z会の利用を決めたきっかけ

  • 「難関大学への合格実績の多いZ会なので、レベルの高い通信教育を受けられると思ったから」(40代女性)
  • 「国公立大学の記述対策に良い問題を提供してくれるため」(50代女性)
  • 「クチコミがよくて、大学の進学率が高かったから」(50代女性)

Z会を選んだ理由として多かったのは「良問がそろっている」「大学受験に向いている」というところ。Z会のメリットといえば長い歴史で培った「良問」がそろっているという点、そして手厚い添削サービスで得点力と回答力を養える点です。選んだきっかけから見えてくるものとしては、Z会が大学受験を見据えた通信教育として評価が高いということ。子どもが大学に行きたいと言っている、子どものレベルと目指す大学とのレベルが開いているという場合はぴったりな通信教育と言えるでしょう。

Z会を使って良かった点は?

  • 「難解な問題が多く、思考力、記述力も高まるので大学受験には良い教材、問題が提供される」(40代女性)
  • 「英語自由英作文や現代文記述の添削は自分では難しいのですが、判断に迷った際も質問すれば丁寧に回答してくださいました」(50代女性)
  • 「大学入試で同じような問題が出ました」(40代男性)

Z会を使ってよかったという口コミでもやはり「良問がそろっている」「丁寧な添削」が出てきていました。ほか通信教育の中でもZ会の特色はこの2点が顕著。難関大学を目指している、今の自分の偏差値よりもレベルの高い大学への進学を目指しているという層が多いです。もちろん、子どもとの相性は必ず見ておくべきでしょう。教材のレベルが高いだけにしっかり利用していかないと受講料の無駄になってしまうので。

Z会を使って気になった点は?

  • 「良問ぞろいで、きめ細やかな添削となると当たり前なのですがお値段は高いです」(50代女性)
  • 「料金が割高に思えます」(40代男性)
  • 「通信教育なので、リアルタイムで先生に質問することができなかった」(50代女性)

Z会を使ってみて気になった点としては、「受講料が高い」という口コミが多かったです。ただし、良問ぞろいで、丁寧な添削で子どもをしっかりサポートしてくれるZ会のサービス内容を考えると妥当とも言えます。受講する前に子どもとなぜ利用するのかの確認はもちろん必要です。ほかにもタブレットは借りるのか、自宅での通信環境はどうかなども確認しておきましょう。特にタブレットはiPadがあれば基本的には大丈夫ですがiPadの世代の確認やOSの確認もしておきましょう。自宅にiPadがあれば、タブレットのレンタル料を浮かせることができます。

まとめ

今回は高校生向けの通信教育としてZ会に焦点を当てて、実際の保護者にアンケートを実施。何が決め手で選んだのか、実際に使ってみてどうだったのかを紹介しました。きっかけは子どもが大学受験をするための教材が欲しい、ハイレベルな授業についていくための補助教材が欲しいといったところ。Z会の特徴は良問がそろっていることと、手厚い添削サービスです。これらにAIによる学習サポートがついてくるので若干受講料は高めです。現在iPadを持っているならば対応機種とOSのバージョンを確認しておくと、タブレットのレンタル料を浮かせることができますよ。今後、利用を検討している人はぜひ参考にしてみてくださいね。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

料理、掃除、買い物、子育てなどなど、家の中には様々な「イエゴト(=家事)」があります。そんな様々な「イエゴト」を、【ファンファン福岡イエゴト調査隊】メンバーが調査していきます!

目次
閉じる