英語教室で迎える初バレンタイン 準備不足で赤っ恥!?

 「バレンタインは女の子の行事だから男の子は関係ないよね?」と思っているママさん、ぜひ聞いてください。何事も準備が肝心ですが、準備の前には情報収集が大事! と痛感したバレンタインの出来事をお話しします。

目次

楽しみにしていたバレンタイン

写真AC

 年中の息子は、1月から英語教室に入りました。レッスンは幼稚園で行われており、預かり時間終了後、空き教室で週に1回レッスンを受けられるのです。

 中途半端な時期の入会なので、子どもたちの輪に入れるか心配だったのですが…。息子を含め男の子2人・女の子4人、計6人の少人数レッスンということもあり、すぐに打ち解けました。

 レッスン中、親は入室できないのですが、迎えのときに窓から覗くとワイワイ賑やか。息子は、家に帰ると楽しそうにレッスンの話をしてくれますし、英語の歌を口ずさむようになりました。

 生徒さんのママたちも顔見知りだったので、レッスンのお迎えでは幼稚園の行事の話や育児の話が弾みます。

 その週のレッスンは、数日後にバレタインを控えていました。英語教室から事前にもらうスケジュール表には「バレンタインに関する英単語ゲームをします」と、書かれています。

 英単語ゲームは子どもたちが熱中できるよう、ゲーム終了後に小さなお菓子などの景品をもらえるため
 「先生からチョコをもらえるかもね」と息子に話し息子も楽しみにしていました。もしかしたら、同じレッスンの女の子たちもチョコを準備しているかもしれません。

 「うちは男の子だから準備はいらないよね~」そう考え、気楽に構えていたのですが…。

男の子も準備が必要!?

写真AC

 レッスン後のお迎えには車を使っています。スーパーに寄って夕食などの買い物を済ませお迎えに行きました。同じレッスンに通う男の子ママの車も、ちょうど駐車場に来たところです。

 車から出てきた男の子ママに目をやると、見慣れないエコバッグを持っていました。
 嫌な予感がします。迎えに行くだけなので余計な物を持っていく必要はないのに、エコバッグに荷物がギュウギュウ。

 私は車から出て、おそるおそる尋ねます。

 「ねえ、もしかして男の子もプレゼントが必要?」
 「うん、上の子が同じ英語教室で習っていたときは男の子も一緒にプレゼント交換したよ」

 えー!? 聞いてない! 男の子は2人なので、準備していないのはわが家だけです。冷たい汗が背中をタラリ。

 しかし今日の買い物で、個包装のお菓子が詰まった大袋を購入したこと思い出します。私は慌てて買い物袋をあさり、お菓子の大袋をつかみました。

何事も情報収集が必要

写真AC

 レッスン終了後、教室でお菓子交換会がスタート。

 手作りの可愛らしいチョコやクッキーが息子に手渡されます。手作りでなくても市販のお菓子を数種類を綺麗にラッピング。

 一方の息子は、大袋に手をつっこんでお菓子を配っています。交換だというのに釣り合いが取れません。息子は楽しそうにはしゃいでいますが私は申し訳ないやら恥ずかしいやら…。

 「準備不足でごめんね」と、ママたちに謝ります。
 ママたちは
 「気にしないで」
 「入ったばかりだもんね」と、他のイベントの様子を教えてくれました。
 この英語教室、ハロウィンやクリスマスレッスンでもお菓子交換をしているそうなんです。

 習い事に限ったことではないですが、思い込みやフォーマルな情報だけでは不十分だなあ、と痛感しました。事前の情報収集って本当に大事ですね。

 反省した私。3月に入り「ホワイトデー」の文字を見るや否や、英語教室のママたちに
 「何か準備する?」と尋ねたのでした。

(ファンファン福岡公式ライター/芦谷)

あわせて読みたい
恐怖! 母を悩ますバレンタイン… イマドキ小学生の暗黙のルール  バレンタインといえば、好きな男の子にチョコをあげて想いを告げる日… と思っていたのですが、今の小学生は少し事情が違うようです。いつのまにか登場した「友チョコ」という文化。それは子供にとってはうれしくても、親にとっては恐ろしい文化のはじまりだったのです!
あわせて読みたい
ママ友との習い事カースト 隣の芝は青い? 「娘にはどんな習い事をさせよう?」何か習わせてあげたいと思うのが親心。私も、4歳の娘に合う習い事を考えていました。そんな時、仲の良いママ友と習い事への価値観が食い違った話です。
あわせて読みたい
子どもの習い事はいつから始める? 失敗から分かったこと  子どもの習い事をいつから始めたら良いか、悩むご家庭は多いのではないでしょうか。始めるからには、長く続けてほしいですよね。今回は二児の男の子のママである私が失敗した経験をもとに、習い事を始めてよかったタイミングを紹介します。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる