花見でスタントマン!?  目の前にスケボーおじさんが飛んできた!

 3年前の春。近くの大きな公園に家族でお花見に行きました。池やボート、野球場、広い芝生、大きな滑り台や遊具もあるこちらの公園は、春には桜も綺麗に咲きお花見ポイントとなっています。私達も6カ月の娘とのんびり芝生に座ったり、ベビーカーを押して散歩したり…春の暖かい光を満喫していました。休日でお天気もよかったこともあり、いつもよりも賑わっていた園内で起こった驚きの出来事です。

目次

春の公園 心温まる光景

写真AC

 桜がヒラヒラ舞う中、ベビーカーを押してのんびりお散歩するのは至福の時間。芝生にはヨチヨチ歩きの子、キャッチボールをする親子、寝転がる若いカップル…「娘も何年か後にはこんな風になるのかなー」そんな光景を横目に、芝生の横の坂道をのぼり、丘の上にある遊具を目指して私達は歩いていました。

 遊具に続いている坂道は、お散歩コースにもなっており、上から子どもたちが元気に走ってきたり、のんびり森林浴している方もいます。緩やかなカーブもある坂道。

 私達ものんびり歩いていたその時! カーブの向こうから男性が飛んできたのです!

スタントマン!?

 男性は私達の少し前の方に全身で着地。まるでスタントマンかのように地面に転がり、下を向いてうずくまり動かなくなってしまいました。男性の後ろからはスケートボードが…。

 一瞬、時が止まったようでした。周囲の人たちも驚きのあまり、立ち止まったまま。
 「いってぇー…」動いた男性が顔をあげると眼鏡が割れ、顔から血が出ています。周りにいた方々が駆け寄り
 「大丈夫ですか!?」
 「救急車呼んだ方が!」
 「ご家族は!?」と声をかけ始めました。

 男性は
 「大丈夫です…」と弱々しく返事するものの、とても大丈夫には見えない状況。
 「だって眼鏡が!」
 「血も出てるし!」と周囲もあたふた。

 私も何かないかと鞄の中を探すと、未使用のウェットティッシュを見つけたので
 「よかったら使ってください」と差し出しました。
 「すいません…」彼は受け取り、顔を押さえていました。

 すると
 「パパ大丈夫ー!?」と小学校低学年くらいの男の子が笑いながら走ってきました。“パパだったんだー! パパは笑えない怪我よ”きっと誰もが思いました。
 ご婦人が
 「ママはきてる?」と男の子に声をかけた時
 「もう何やってるのー」と呆れた様子で奥さんも走りよってきました。
 
 「本当にすいません。」と頭を下げ
 「ほら行くよ!」と強めの口調の奥さん。男性も傷口を押さえたり眼鏡を確認したりとゆっくり動き始め、そんなパパの横で息子さんは終始ケラケラと笑っていました。奥さんに
 「派手に転んでいたので病院に行った方が…」と声をかける方もいました。奥さんも来て一安心したので、私達はその場を後にしました。

若い頃のようには動けないもの

写真AC

 彼はやんちゃそうな若者ではなく、落ち着いた雰囲気の男性でした。ちょっと若かりし頃を思い出し羽目を外してしまったのか… それとも本当はとても上手で、お子さんにカッコいい姿を見せたかったのか…。

 目の前に人が飛んでくると、助けるべき状況なのに、驚きのあまり時が止まってしまうということがわかりました。まさに、テレビで見るドッキリと同じ反応。

 帰り道、私は夫に言いました。
 「10代、20代のように体は動かないから、あーゆーことは絶対しないでおこうね」と。奥さんから“心配”の他に、恥ずかしさ、呆れ… そんな感情が滲み出ていたのが感じられました。

 それにしても本当に痛そうでした。パパさんの怪我が大したことがなかったことを願います。

(ファンファン福岡公式ライター / ちょこまま)

あわせて読みたい
遠足にお弁当をもたせてもらえない子 その時どうする?  元小学校教師で現webライターの冬野はなです。公立小学校に勤めていると、色々な家庭の事情が垣間見えることがあります。今回はほかの先生から聞いた話です。 【家庭...
あわせて読みたい
ポテサラおじさんの仲間入り? 夫の回答にイライラが募るわけ  総菜のポテトサラダを食卓に出すのは手抜きだとか、唐揚げは手抜き料理だとか、問題発言をするおじさんがメディアをにぎわせたのを覚えている人も多いと思います。そんな話を聞くたびに「世の中の主婦がどんなに大変か、1回やってみろ!」と怒りたくなります。それは、私の夫にも言いたいことです。わが家の実情を紹介します。
あわせて読みたい
産後《おじさん化》が止まらない!女子力を取り戻したいと思ったきっかけは・・・ 出産後、鏡に映る自分の姿に、ギョッとしたことはありませんか? 抜け毛が多くボサボサの髪。スキンケアを怠って毛穴の広がった肌。ちっとも元に戻らない腹。 そんな姿...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる