転勤による転園… 最終登園日に母の涙腺が崩壊したワケ

 わが家は転勤族。子どもが小さい頃は身軽に引っ越しをしていましたが、長男が幼稚園に通い始めたことで、転勤族の大変さを身に染みて感じるようになりました。なによりも、幼稚園の先生たちやお友達とのお別れが悲しい…。親になってから、初めて経験したお別れは、いま思い出しても胸が熱くなります。

目次

順調だった幼稚園生活

写真AC

 コロナ渦の中でスタートした、3歳息子の幼稚園生活。
 陽気な性格の息子は、集団生活にもすんなりと馴染み、愛情いっぱいに接してくれる先生とお友達に囲まれ、楽しい園生活を過ごしていました。

 ところが、2学期が終わり、冬休みに入った12月末。わが家に急展開が訪れます。

 その日、帰宅した夫はいつもと違う雰囲気。神妙な面持ちでスーッと大きく深呼吸をしたかと思ったら、申し訳なさそうに
 「すみません、異動になりました。」と一言…。

 転勤族とはいえ、長男の卒園までは通えると考えていたため、今回の異動はまさかのまさか! もちろん、夫が悪いわけではありません。わかってはいるけれど、この気持ちをどこへぶつけたらいいのか… その日は缶ビールをグビッと飲んで、就寝しました。

荷物の整理と気持ちの整理

 異動=引っ越し。まったく予期していないタイミングだったので驚きました。真っ先に頭に浮かんだのは、「転園しなくてはいけない」ということでした。

 ようやく慣れた環境だったので、「いやいや、今じゃないでしょ!?」と心の中でツッコミつつ、渋々引っ越しの準備をはじめることになりました。

 荷物の整理よりも大変だったのが、気持ちの整理。
 慣れた環境を離れること、親の都合でお友達とお別れさせなければならないこと…、気持ちの整理ができないまま、どんどんと日にちが過ぎて行きました。

 一瞬、”単身赴任”というワードも頭をよぎりましたが、地元ではない土地での単身赴任は非現実的ということもあり、2カ月後の引っ越し日が決定。

 息子には、最後の登園日の2週間前に、引っ越しをすること、幼稚園が変わることなど、出来るだけわかりやすく伝えました。どんな反応をするかドキドキでしたが
 「うん、わかった!」と、あまりにもあっさりとした反応で、これもまた複雑な気持ちになりました。

先生がくれた大きなハグ

写真AC

 いよいよ、最後の登園日。息子はいろんな先生に
 「元気でね!」と、ギューッとハグをしてもらい、ニコニコ嬉しそうに笑っていました。その姿を見て、私は「1年間だけでも、この幼稚園に通えてよかったな」と、涙しそうになるのを堪えるのに必死でした。

 荷物をまとめ、最後の挨拶をして帰ろうとした時です。
 1番お世話になった先生が、両手を広げて待っていました。そして、息子ではなく、私にギューッとハグをしてくれたんです!

 先生の温かさに、今までこらえていた涙がこらえきれず、涙腺崩壊。それはそれは、息子や夫も笑っちゃうほどの大号泣っぷりでした。
 お別れの寂しさや先生の優しさ、感謝の気持ちなど、いろんな感情が凝縮された、この涙のおかげで、私の気持ちはようやくすっきり! 新しい環境への生活にも、前向きになれました。

 ソーシャルディスタンスをが当たり前になり、オンラインでなんでも出来ちゃう便利な世の中で、ひさしぶりに感じた温かい気持ちは、一生忘れられない思い出になりました。

 引越しから約1年、わが家は新しい環境にもすっかり慣れ、楽しく過ごしています!

(ファンファン福岡公式ライター/natsu.0703)

あわせて読みたい
転勤族のワンオペ育児 私がスーパーで大号泣した理由 転勤族だったわが家は、当時赤ちゃんと2歳の息子と一緒の生活。買い物は特に大変な事でした。ある日、レジ待ちで前に並んでいた女性の言葉に私は大号泣。胸の中で眠っていた感情があふれ出し、止まらなくなってしまったのです。
あわせて読みたい
今?このタイミングで!?子どもができて感じる転勤族の苦悩…人生設計が変わった女性達  春は出会いと別れのシーズン。 旦那の職場から、突然、転勤の辞令が出て、なんと3週間後に引っ越しを余儀なくされた家族。 子どもの幼稚園と小学校入学が決まっていた...
あわせて読みたい
【福岡の常識】転勤者が驚く!福岡の焼き鳥屋さん事情とは? 「バラって何?」 福岡を離れ東京で仕事を始めた1990年代、筆者が会社の同僚と焼き鳥屋に行った時に、お店のメニューを見て「あれ?この店にはバラが無いんだ」と言った...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる