祖母が語った不思議な話・その拾玖(じゅうきゅう)「四ツ葉」

 私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。

イラスト:チョコ太郎

 祖母が6歳の時の話。
 「見つけると幸せになる」という噂を耳にした祖母は、友達のY子ちゃんを誘って四ツ葉のクローバを探しに出かけた。  
 家の近所を半日ほど探したが、他の友達が先に摘んだのか見つからない。
 「山の方に行くと、きっとあるよ」
 Y子ちゃんの言葉に誘われ、山の中へ入って行った。

出典:チョコ太郎

 しゃがみこみ地面を丹念に探すと…「あった!」「ここにもあったよ!」
 そこには四ツ葉のクローバが驚くほどたくさん生えていた。
 小1時間、夢中で摘んでいた祖母はハッと、われにかえった。

 「おかしい…こんなに四ツ葉ばかりなんて…」
 薄気味悪くなった祖母が立ち上がって見回すと石碑が目に入った。
 「いけない!」
 そこは皆が「異人さんのお墓」と呼び、近付くのを避けている場所だった。

出典:チョコ太郎

 「帰ろう!ここは来ちゃだめなとこだよ。クローバも置いて行かなきゃ」
 祖母は摘んだクローバを全部置き、Y子ちゃんに声をかけた。
 「せっかくこんなにたくさんあるのになあ…」
 Y子ちゃんのも「異人さんのお墓」のことは知っていたので渋々腰を上げた。

 数日後、Y子ちゃんの家に寄るとY子ちゃんのお母さんが暗い顔で出てきた。
 「あの子は寝てるよ。あんたと山に行った日の夜、ずっと独り言を言っててケラケラ笑ってたかと思ったらパタンと倒れ…それからずっと」
 見ると枕元に枯れた四ツ葉のクローバがある…置いて来なかったんだ!

出典:チョコ太郎

 祖母はそれを預かり「異人さんのお墓」に返しに行った。
 程なくY子ちゃんは目が覚めたが、四ツ葉のクローバを摘みに行った日から数日間のことはまるで覚えてなかったそうだ。

あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その伍拾壱(51)「碁石」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  祖母が十二歳の時...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その伍拾(50)「嵐の夜」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  小学1年生の秋。 ...
あわせて読みたい
祖母が語った不思議な話・その参拾肆(34)「たのかんさん」  私が小さい頃、明治生まれの祖母がちょっと怖くて不思議な話をたくさん聞かせてくれました。少しずつアップしていきます。 イラスト:チョコ太郎  「おばあちゃん、...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

子ども文化や懐かしいものが大好き。いつも面白いものを探しています!

目次
閉じる