知らなかった… 新居で1カ月近くテレビが見られなかった理由とは?

 アパートから戸建てに転居する事になり、準備を進めていたわが家。ぬかりなく諸々の手配をすませていたと思っていたのですが、そこには大きな落とし穴が潜んでいました。引っ越し後、しばらくテレビを見る事ができなかったのです。テレビはコンセントに挿して電源を入れれば見られると思っていた私。そんな私を待ち受けていた落とし穴とは?

目次

引っ越し直前に知った衝撃の事実

写真AC

 わが家は結婚4年目に、注文住宅で自宅を建て始めました。1歳の娘を保育園に預け、正社員として働きながら引っ越し準備に追われる毎日。自宅が完成に近づいたある日の事です。工務店の担当者から唐突に
 「テレビの視聴方法は決まりましたか?」と言われました。コンセントを挿して電源を入れるだけだと思っていた私は、頭の中が「???」となりました。

テレビの視聴には手続きと工事が必要

 私はそこで初めて、テレビを視聴するためには電波を受信する必要がある事。またそれにはいくつかの方法があって、どの方法を選択しても手続きと工事が必要だという事を知ったのです。調べてみて分かったのですが、テレビを視聴するためには
・アンテナを立てて電波を受信する
・ケーブルテレビに加入する
・光回線のテレビサービスに加入する
などの選択肢があることが分かりました。
 わが家ではインターネット回線を引く必要もあったため、光回線を引いて、その会社のテレビサービスに加入する事にしました。

工事に空きがない!?

写真AC

 私の住んでいる地域で契約できる、テレビサービスを伴うプロバイダは3社ほど。料金などの比較検討をしてすぐに契約先を決める事ができました。事務手続きはネットで簡単にできたのですが、肝心の工事日に全然空きがありません!

 1番近い日にちでも、引っ越しから1カ月近く先の日程になってしまうことが判明したのは、引っ越しまで1カ月を切った頃の出来事でした。
 仕方なく1番近い日にちで工事をしてもらう事にしましたが、ほぼ毎日ワンオペのわが家では、テレビは必須アイテム。夕飯の支度中などは当時1歳半の娘にテレビを見ながら待ってもらっていたので、テレビ無しの生活に不安がよぎります…。

 引っ越し後は予定通り(?)テレビの見られない日々が続きました。工事をしないとインターネットにも繋がらないためYou Tubeも見られません。しかしレコーダーに録画した番組なら見ることができたので、工事が引越しに間に合わないと分かってから、ひたすら録りためた子ども向け番組の録画を流して乗り切りました。幸いにも娘は好きな番組が決まっていたので、何度も同じ番組を見て楽しんでくれたので助かりました。

 その後は無事に、工事が完了し回線が開通。リアルタイムでテレビが見られる喜びを家族全員でかみしめました。

初めての引っ越しは知らない事がたくさん

 テレビの視聴方法に関する手配もそうでしたが、自分たちで色々調べて準備を進めていたと思っていたものの、実際には抜けていたという事がいくつかありました。自宅の建設が決まった時点で早めに「引っ越しの際に必要な手配リスト」をネットで検索するなどしてしっかりと確認しておけばよかったと深く反省した出来事でした。

(ファンファン福岡公式ライター / はる)

あわせて読みたい
えっ、引っ越し荷物が半分ない… トラブル続きでどうなる新生活?! わが家は転勤族。これまでに数回引っ越しを経験していました。同じように事前に見積もりを取り、入金を済ませ、引っ越し当日。トラブルが発生! そして引っ越し先では荷物が半分届かない!? 新生活、どうやってスタートさせたらいいの?!
あわせて読みたい
略奪恋愛癖のあるママ友が夫をロックオン?! 近所に引っ越してきた  友人の結婚式で知り合ったAさん。ママ友として仲良くしていましたが、突然Aさんはわが家の近くに引っ越してきて、夫に頻繁に会いたがるように。友人に相談すると驚き...
あわせて読みたい
雪国へ転勤 社宅にあれがない! 忘れられない引っ越しの思い出  春は引越しシーズン! わが家が夫の転勤で雪国へ転居したのも春先のこと。新居は社宅で、引越し業者に荷物を運び入れてもらえば生活できると思っていたのですが…。いざ到着してみると、とても暮らせる状態ではなく、慌てふためいた体験談です。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる