毎日がワンオペ育児 遅く帰宅した夫の一言に怒り爆発!

 夫は残業の多い仕事で帰りは遅く、平日は育児にノータッチ。夫も大変だと思い、普段は文句もなく過ごしていましたが…。ある時、夫のあまりにも子どもに対して他人事な発言に、溜まっていた不満が大爆発!

目次

息子に甘い夫 ちゃんと考えている?

写真AC

 息子が2~3歳の頃、イヤイヤ期で
 「あれがしたい!」
 「これがいやだ!」と要求が多く、私は息子を追いかけまわしてヘトヘトな毎日を送っていました。

 平日、夫はほぼ息子と会えないため、休日は息子の良い遊び相手に。私がイライラして怒りがちなのに対し、夫は息子に甘くて優しいため、息子はパパが大好き。

 息子が乱暴に扱ったことで玩具を壊してしまっても、
 「新しいのを買いに行こうね」と、頭を撫でて慰める夫。

 もっと叱ってほしいと思うときもありましたが私が怒り役で、夫は受け止め役でいたほうがいいのかなと、そのままにしていました。

 けれど…
 「他の子と比べて言葉が遅いと感じるんだけど、どう思う?」
 「大丈夫大丈夫。そのうち話すよ」

 「通信教育を始めてみようかな?」
 「いいんじゃない? まかせるよ」

 息子の事を夫に相談しても、どこか他人事。
 しつけや教育にもう少し関心をもってほしいと感じていました。

疲れ切った私に、夫が放った言葉は

写真AC

 ある日、息子が夕飯の準備中に寝てしまいました。朝まで寝るかと思いきや、19時過ぎに覚醒。急いでご飯を食べさせてお風呂に入れるも、21時を過ぎてから元気爆発! 家中走り回り、ベッドで飛び跳ねる息子に振り回され、私はへとへと。

 23時を過ぎ、やっと息子が寝付いた頃に夫が帰宅しました。
 もうちょっと早く帰ってきてよ…。と内心苛立ちつつも、仕事帰りの夫に不機嫌さは見せたくなかったため、笑顔を張り付けて出迎えます。

 夕飯を温めていると、夫がネクタイを外しながら言いました。
 「帰りの電車でネットニュースを読んでたら、面白い記事があったよ」
 「どんなの?」夫はへらへらとした笑顔で言います。

 「パパの帰りが遅い家の子どもほど、頭が良くなるんだって!」
 「は?」

 味噌汁をよそう手が止まります。私の表情が凍り付いたことに気が付かずに、夫は嬉しそうに話し続けました。
 「うちの○○は成績優秀に育つね! 大きくなったら、何になるんだろうな~」

 私は怒りに震える拳を押さえ、夫の正面に立ちます。
 「なんでそんな話を、遅く帰ってきて悪びれもせずに言えるの?」
 「え、だって仕事だし…。○○にとっていい情報だから、ママも喜ぶかと思って」私の反応は予想外だったようで、夫はおろおろとしながら弁明しますが、かえって私の怒りに油を注ぎます。

 「喜ぶわけないでしょ! 帰りが遅いほうが子どもにとっていいなんて、呑気なこと言ってないでよ! 今日の寝かし付けがどんだけ大変だったか分かってる? 少しは早く帰ってきて面倒見てよ! だいたい普段から育児に対して…」我慢していた夫への不満があふれ出します。
 
 「あ、ご、ごめん」最初は驚いた表情を見せた夫でしたが、だんだんとしんみりモードになり、最後はしゅんとして話を聞いていました。

忙しくても、育児は協力して

写真AC

 夫は育児に対し他人事だったことを反省し、息子と遊ぶだけでなく、悪いことをしたら叱ったり、我慢をさせたりする姿が見られるようになりました。
 「ほら、野菜もちゃんと一口は食べよう」
 「玩具は投げちゃダメ!」平日の夜も少しは早く帰ってくるようになり、助かっています。

 大切な2人の子ども。
 私だけでなく夫と協力して、2人で真剣に息子に向き合っていきたいと思っています。

(ファンファン福岡/一般ライター)

あわせて読みたい
「こんなに大変なの!?」ズボラ夫、初めての1日ワンオペ家事体験  ある日、めったに体調を崩さない私が、38.5℃の高熱でダウンしてしまいました。子どもたちの世話や家事もできず、夫に協力を求めました。慣れない家事にあたふたした夫の様子を話したいと思います。
あわせて読みたい
「洗い物はママの仕事」と言い切る夫を、改心させた3歳息子の一言 急性胃腸炎で、夕食の片付けができないまま寝込んでしまった私。シンクの汚れた食器を見て「洗わないの?」と3歳の息子が夫に尋ねると、「洗い物はママの仕事だよ」と驚きの答えが!? 時代遅れなダメ夫を改心させたのは、息子の優しすぎる一言でした。
あわせて読みたい
私の知らない通帳発見! 夫名義の中身とは…  交際1年で結婚を決めた私たち。お互いの預金はすべて開示。家計管理は私、夫はお小遣い制となりました。ところがある日、知らない銀行口座の存在が浮上。それは、夫の古い通帳。なぜ隠していたの? 

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる