義母の「かわいそう!」攻撃 店員さんの対応にスカッとした話

 これは、娘が産まれて3カ月ほど経った頃の話です。生後100日経つので、義両親と私たち家族で、お食い初めをしました。お店は義母が予約してくれて、テーブルの上はたくさんのごちそうでいっぱいに。しかしここから、義母の「かわいそう」攻撃が始まるのです…。

目次

かわいそうだから… と始まる食事会

写真AC

 娘の100日のお祝いに、義母が予約してくれた料亭へ行きました。

 3カ月の娘はミルクを受け付けず、母乳で育てていました。この時もお腹がすいてぐずっていたので、食事の始まる前に授乳をしていました。

 その様子を見ていた義母が
 「お腹がすいたのね、かわいそうに。母乳だけじゃお腹もすくわよ」と憐れむような目でこちらを見てきます。その後すぐ
 「かわいそうだから早く食事を」という義母の一声で食事が始まりました。

どうしても食べさせたい義母

 お食い初めでは、子どもに料理を食べさせる真似をします。料理を娘の口元へ持っていくと、娘は口をパクパクさせており、その姿がまた可愛く、私たち夫婦は写真を撮っていたのですが…。

 その姿を見た義母に
 「かわいそうに、お腹がすいてるのよ。早く食べさせてあげなさい」と言われました。
 私が
 「まだ離乳食も始めていないので…」と言うと
 「食べられるものだけあげたらいいじゃない!」と一言。

 義母は自分の食べていた茶わん蒸しを差し出してきました。
 「これなら食べられるでしょ? 歯がなくても大丈夫よ」

 「いや、まだ何も食べさせたことがないですし、アレルギーも心配なので」と言うと
 「かわいそうに! 今の人はそんなだからアレルギーも増えるのかしら」と言う義母。義父も
 「茶わん蒸しくらいどうってことないだろう」と呆れたように言ってきました。

 離乳食のことやアレルギーのことを、夫も一緒に伝えてくれたのですが、聞く耳を持たない義両親。そんなやり取りが聞こえたのか、お店の方がテーブルへやってきました。

気を利かせた店員さんの言葉

写真AC

 その店員さんは女性で60代くらい、義父母と年齢が同じくらいの人でした。私の娘を見て
 「かわいいねえ。あと2、3カ月したら離乳食も始まるかな、大変になるね」と笑ってくれました。
 「私にも娘がいるんだけど、ちょうどこのくらいの時、おばあちゃんが勝手に茶わん蒸しを食べさせて、口の周りが真っ赤になったんだよ。昔は離乳食も早めがいいって言っていたけど、子どもの様子を見ながらゆっくり始めた方がいいよね~」 

 この言葉を聞き、義両親は黙っていました。これが本当の話かどうかは分かりません。しかし、少しスカッとした瞬間でした。

 義母が口を開けばまず出るのが「かわいそう」という言葉です。娘が産まれてから、義実家へ遊びに行くたびに言われるようになりました。母乳だけでかわいそう、食べさせてもらえなくてかわいそう、何でもかんでも「かわいそう」です。

 今でも、風邪をひかせてかわいそう、靴下をはいていなくてかわいそう等、かわいそう攻撃は続いています。
 しかしこの後、義母が娘に食べ物を勧めてくることはありませんでした。お店の人の言葉が効いたのでしょうか。幸い娘はアレルギーもなく、すくすくと育っています。

 私の義母は基本的に孫に興味はなく、可愛がるそぶりはありません。しかし私の育児は気になるのか、よく口出しをしてきます。孫に興味がないのであれば、私のことも放っておいてほしいのですが、そんなことは口が裂けても言えません。昔の育児と今の育児、変わっていることもたくさんあるので、そこの理解も深まれば良いなと感じています。

(ファンファン福岡公式ライター / こんぺいとう)

あわせて読みたい
義母はクレーマー! ギャフンと言わせたのは意外な人物だった 過去、義母の言動に困惑した時期がありました。義母はクレーマーだったのです! エスカレートしていく義母の言動に物申し、解決へ導いたのは意外な人物でした。
あわせて読みたい
何かと嫌味な困った義妹 わが息子が一撃したスカッとした一言とは  「嫁姑問題」より「嫁小姑問題」の方が厄介と言われますが、みなさんはいかがですか? 結婚して10年、2児のママの私にも嫌味を言う困った小姑がいます。それは主人の妹。今回はそんな義妹に、わが息子の言葉でスカッと一撃したエピソードを紹介します。
あわせて読みたい
人は見た目じゃない… 強面お兄さんがとった神対応とは? 「人を見た目で判断してはいけない」皆さんも一度は聞いたことがあるセリフではないでしょうか? そうはいっても、見た目が怖そうな人に会うとついつい避けてしまうことが多かった私。しかし子どもが生まれてからというもの「人は見た目じゃないな…」と思うようなことが何度かありました。今回は、その中の1つでとても印象に残っているエピソードをお話しします。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる