公園で問題児に遭遇 親は子どもをほったらかして車でまさかの…!

 ある日、私と3歳の娘は幼稚園のママ友Bちゃんと、公園で遊んでいました。そこにいた、クラスの問題児Aくん。しかしAくんママの姿が見当たらず… 見つけたとき、なんとAくんママは車で…! 衝撃を受けたエピソードです。

目次

問題児Aくんが公園でほったらかし!

写真AC

 Bちゃんと遊んでいた娘が突然
 「あ! Aくん!」と叫びました。見ると幼稚園で同じクラスのAくんの姿が。
 「ほんとだね~」と言いつつ、私は内心「Aくんか…」と思ってしまいました。

 このAくん、クラスの中でも一番の問題児。今まで娘もBちゃんも幾度となく叩かれたり、追い掛け回されたりしてきました。

 しかし、子ども同士はやられたことを引きずらないのか、娘もBちゃんも「Aくん嫌い」とは言いません。このときも走ってきたAくんを笑顔で迎え入れ
 「一緒に遊ぼう!」と、砂遊びを始めました。

 ただ、気になることが…。そこまで広くない公園なのに辺りにAくんのママの姿が見えません。Bちゃんママと
 「どこだろうね?」
 「どこかに座ってるのかな?」と探します。

 Aくんに聞くも
 「しらねー」とまともに答えてくれず。Bちゃんママと私は次第に焦り始め
 「… これって私たちが(問題児の)Aくんを見てなきゃいけないってこと?」
 「ていうか、ほったらかしなの?」とこの事態を問題視し始めました。

やりたい放題のAくんと現れないAくんママ

写真AC

 Aくんは時間と共にだんだん乱暴に。娘やBちゃんが滑り台で順番待ちしていると
 「俺がさき!」と服を引っ張ったり叩いたりするので、そのたびに
 「Aくんダメだよ」と私たちが注意します。けれどそれで大人しくなるAくんではありません。

 ついには遊具で危険行為をしたり、他の子のおもちゃをとったりやりたい放題。仕方なく私たちが他の子のママに
 「すみません!」と謝って回りもうヘトヘトです。まともに自分たちの子どもと遊べず
 「Aくんママはどこ?!」とイライラしてきました。

見つけた! なんとAくんママは…

写真AC

 帰る時間になってもAくんママは現れず、困り果てているとき、路上駐車の車が目にとまりました。「まさか…」と思いつつ中を覗くと、そこにはAくんママの姿!

 Aくんママはシートを倒し、口を開けて寝ていました。「えぇ! 寝てる!」と驚きつつ、ノック。それに気付いて起き上がり、ドアを開けたAくんママ。

 すると間の抜けた声で
 「どうも~ もう帰るかんじですかぁ?」と言ってきました。その態度にイラッとした気持ちを押さえ
 「Aくん今日ひとりで遊ばせてたんですか?」と聞くと、
 「え? いやいや、だって遊んでくれてたじゃないですかぁ。ありがとうございましたー」とニコニコ。

 もちろん、預かるなんて一言も言っていない私たち。驚く私たちをよそに、Aくんママは
 「これ、お礼です」と飴を2つ私の手に乗せました。そして
 「楽しかった?」とAくんママに聞かれ、
 「しらねー」と言いながらゲームを始めるAくんを連れてさっさと帰ってしまいました。

 親子の身勝手な行動に、しばらく状況を理解できなかった私とBちゃんママ。帰りながら
 「無責任すぎない?」
 「私たち飴2つで2時間Aくんを見てたの?」と話していくうちにフツフツと怒りが湧き上がりました。

 しかしAくんの件はもう過ぎてしまったこと。私たちの中でAくんママは要注意人物として認定し、警戒しながら付き合っていこうとBちゃんママと心に決めたのでした。その後、Aくん親子と公園で遭遇はしていませんが、Bちゃんママと遊ぶたび
 「今日はAくんいないよね?」と警戒しています。

(ファンファン福岡公式ライター/K)

あわせて読みたい
ご近所放置子に目をつけられた!うまく切り抜けた一言とは 今年の夏は、大変な暑さでしたね。我が家には、公園好きな息子がいるので、ジリジリと焼けるような猛暑の中、汗をかきながら公園へ行き、熱せられたホットプレートのようなすべり台に「熱い!!」と泣き出す息子を慰めて…それはもう苦労しました。 おや、あちらの公園では、別のママが苦戦しているようですよ。覗いてみましょう。
あわせて読みたい
まるでストーカー?! 妻に対するご近所ママのゾッとする話 娘が4歳の頃、マンションの上階にAちゃん家族が引っ越してきました。娘とAちゃんは年齢が近いこともあり、よく一緒に遊ぶようになりました。しかし3カ月ほどたった頃から、Aちゃんママの行き過ぎた言動に少しずつ違和感を持つようになったのです。育児にも積極的なパパが見聞きした、ちょっと怖い話です。
あわせて読みたい
勝手に家に遊びに来る子どもに困った… わが家の対処法とは  幼稚園や学校で、子どもが勝手に友達と遊ぶ約束をしてきちゃった…。というのは良くある話です。ママ同士も友達あるいは知り合いであれば、普通のことですが、ママの連...

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる