4/24(日)福岡工務店で「レザークラフト無料ワークショップ」開催

 福岡工務店(福岡市中央区)が主催する「レザークラフト無料ワークショップ」が、4月24日(日)に開催されます。第2回となる今回作るのは、「レザーエコバッグハンドル」。マクロビオティックをテーマにしたモデルハウスを会場に、日々の暮らしがちょっと豊かになるイベントに参加してみては。

目次

レジ袋もらう派? もらわない派?

 実は、日本の“人口1人あたりのプラスチックごみ廃棄量”は、主要な国・地域の中でも2番目に高い数字です。(国連環境計画(UNEP)の2018年度報告書より)

出典:国連環境計画(UNEP) “SINGLE-USE PLASTICS” より(三菱総合研究所作成)/ 環境省「プラスチックを取り巻く国内外の状況<第4回資料集>」

 プラスチックを原料とするレジ袋は石油由来の物質なので、大量生産=天然資源の大量消費にもつながるそうです。

出典:環境省環境再生・資源循環局総務課リサイクル推進室 「みんなで減らそう レジ袋チャレンジ」広報事務局/令和2年11月レジ袋使用状況に関するWEB調査

 さらに、製造過程や焼却する際には二酸化炭素が発生します。二酸化炭素は温室効果ガスの主成分であり、この増加が地球温暖化を含む気候変動を悪化させる要因ともいわれています。レジ袋がごみとして大量に廃棄されることや、焼却処分されることでも問題を引き起こしていますが、不法投棄などにより陸地や海洋を汚染する問題が発生することも。

 私たちが身近にできる取り組みは、まずはマイバッグなどを持参しレジ袋の消費を抑えること。この小さな取り組みが有益な行動に繋がるかもしれません。

「レザークラフト無料ワークショップ」を開催

提供:福岡工務店

 「豊かな暮らし、新基準」というコーポレートメッセージを掲げる福岡工務店は、西鉄「薬院」駅の直ぐそばに構えるマクロビオティックをテーマにしたモデルハウスを活用して、日々の暮らしがちょっと豊かになる小規模なイベントを企画しています。

提供:福岡工務店

 今回は地球への環境配慮にも目を向け、エコバッグの活用がより進むよう4月23日(土)にレーザークラフトワークショップを開催。エコバッグに重いものを入れて「持ち手が痛い」なんて経験をされた人もいるのでは。

 今回が2度目となるレザークラフト教室では「エコバッグハンドル」の制作を体験することができます。

提供:福岡工務店

 些細な事ですが、毎日の買い物がちょっと楽になり、地球にも優しい。母の日も近いため、プレゼントにも最適です◎

 参加費は無料で、必要な道具も全て貸し出してもらうことができます。小さい子ども連れで参加の人も、保育士の資格を持つスタッフがいるので安心して参加できそうですね。

福岡工務店「レザークラフト無料ワークショップ」

主催:福岡工務店
日時:4月24日(日)開始13:30~16:00
人数:先着5名
場所:福岡市中央区平尾1-3-2(西鉄薬院駅徒歩約1分)
※参加無料
※応募は下記公式サイトより

問合せ:福岡工務店 薬院事務所(福岡市中央区大宮1-1-20)
電話:092-406-4236

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる