夫に娘の寝かしつけを頼んだら… とんでもない夫の許せない一言!

 夫は、元々育児に協力的ではありませんでした。「仕事で疲れてるから」を言い訳にする夫に、7カ月になる娘の寝かしつけを頼んだ日。衝撃の展開に…。さらに夫はとんでもない一言を言ったのです。

目次

夫に寝かしつけを頼むと…

写真AC

 夫の帰宅は毎日19時半過ぎ。その日も夫が帰ってから夕飯を食べ、食べ終えると20時を回っていました。娘も一緒に離乳食を食べていたのですが、今日は食事の途中から眠そうにグズグズと泣いていました。食べ終える頃には、泣き声はエスカレート。いつもは21時過ぎに寝る娘も、眠気が限界のようです。

 娘が眠たいとわかっていた私は
 「後片付けしなきゃいけないから、寝かしつけ頼める?」と夫にお願いしました。夫は、
 「わかった」と二つ返事で娘を連れて寝室へ。その後ろ姿を見て、私は安心して片付けを始めました。

 片付けが全て終わり、時計を見ると40分ほど経っていました。そろそろ寝たかな、と思いながら寝室に近付くと娘が泣いている声が…。お腹が空いているのかも、と思った私は、寝室を覗き
 「ミルク要る?」と声をかけました。

寝室では衝撃の光景が!

 すると夫は、私が聞いた事には答えず
 「終わったの?」と言いながら、スマホを眺めています。

 娘は、顔を真っ赤にして泣きながら、うつ伏せで夫にすがりつくようにして泣いていました。私はビックリして
 「何してるの? 何で泣いてる子をほっといてスマホ見てるの?」と怒鳴りつけました。夫はそんな私を見て
 「だって、寝ないからさ〜」とヘラヘラと笑うばかり。

 「寝ないからじゃなくて、寝かしつけしてって頼んだでしょ!」と、もう一度怒鳴ると、夫はため息をついてから部屋を出て行こうとしました。

 「どこに行くの?」と聞くと、面倒臭いとでも言うようにスマホを眺めながら
 「俺寝るから、後よろしく!」と、ありえないことを言って、隣の自室へ行ってしまったのです。

 娘は声が枯れるほど泣いており、ミルクを飲ませて私が寝かしつけました。泣き疲れた娘はすぐに就寝。私は、すぐに夫の元へ行きました。

夫のとんでもない言い訳

写真AC

 私が部屋に入ると、夫はスマホを開いたまま不自然ないびきをかいています。明らかに、寝たフリをしているようでした。そんな夫に向かって
 「父親失格だよね? 娘よりスマホが大事だった?」と声を掛けると
 「俺じゃダメなんだよ。ママじゃなきゃヤダって泣いてたんだから」と、逆ギレ! 私は、そんな夫にイライラが収まらず
 「根拠のない言い訳しないで!」と怒鳴りつけながら泣いていました。

 夫は、私の涙にオドオドするばかり…。泣くつもりはなかったのですが、悔しいやら悲しいやら… 複雑な感情が入り交じり、自然と涙が溢れてしまいました。

夫のその後

 泣いている私に、夫が声を掛けてきたのは10分ぐらいしてからでした。小さな声で
 「ごめん」とだけ言った夫。
 「私が泣いたら謝るの?」と聞くと、意味がわからないといった様子。
 「娘が泣いてる時は、何十分も放置したのに謝りもしなかったでしょ? 娘だって同じ人間だよ? 泣かせて悪いと思わないの?」と言うと、夫は何も言わなくなりました。

 そんな夫に
 「わが子を大事に出来ない人とは、一緒にいられません」と告げると、夫は、さすがにまずいと思ったのか
 「ごめんなさい」と頭を下げてきました。

 あれから、改心したとは言いきれませんが、夫は自らオムツ替えをしたり、泣いてる娘をあやしてくれたりと育児に協力的にはなっています。少しずつ、率先して育児をしてくれるようになればと思ってます。

(ファンファン福岡公式ライター / ひよ子日和)

あわせて読みたい
妊娠中に風邪…「今日ご飯作れない」に夫が吐いた衝撃の一言  3児のママとパパになったのはもう今はもう昔のことですが、初めての妊娠、出産は分からないことだらけ。つわりのだるさや妊婦特有の不安を理解できない夫に「なぜ?」とイライラしたことは多々あります。その中でも衝撃的だったエピソードをご紹介していきます。
あわせて読みたい
0歳から保育園はかわいそう? 入園準備の葛藤と夫の一言 生後9カ月で保育園へ入園した息子。夫婦で何度も話し合い、保活をしてきました。ですが、いざ入園準備をしていると「本当にこのタイミングで良かったのか…」と様々な思いと葛藤が出てきたのです。そんな時、夫が言った一言は?
あわせて読みたい
寝ない赤ちゃんと夜中も散歩… 相談した私を追い詰めた言葉とは 睡眠第一だった私の元に生まれたのは、眠るのが苦手な赤ちゃんでした。寝付きが悪く、一旦寝ても夜中に何度も目を覚ましギャン泣きする日々。睡眠不足のため心身ともにとうとう限界を感じ、すがる気持ちで相談してみた結果…

※この記事内容は公開日時点での情報です。

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる