「添加物は毒」知らないおばさんからの勝手なアドバイスに反撃を!

 子どもと遊んでいたときに、声をかけてきた近所のおばさん。当たり障りのない話をしていたのも束の間、いきなり「子どもの食べ物は手作りしているか?」と聞かれたことから雲行きが怪しくなり…。勝手なアドバイスをスカッと撃退した体験談です。

目次

近所のおばさんのアドバイス

写真AC

 ある日、家の庭先で遊んでいた私と2歳の娘。そこに通りかかった近所のおばさんがニコニコしながら
 「いい天気ですね」と話しかけてきました。私も
 「そうですね」と愛想よく返し、人懐っこい娘も元気に挨拶。

 顔見知り程度の近所のおばさん。「お散歩日和ですね」など他愛のない会話をし、そのまま去るものと思っていると… おばさんはニコニコ笑顔のまま
 「ママは添加物とか気にしてるの?」と突然聞かれました。

 急な話題に驚きつつ
 「え、添加物ですか?」と聞くと、
 「子どもにとって添加物は毒だから。市販のものは添加物まみれだし、食べものは手作りがいいわよ」と笑顔で続けます。

 「急に何なんだ!?」と不信感を覚えながら
 「うちはそこまで気にしてないですね」と答えました。すると、おばさんは顔をしかめ
 「ママは毒を食べさせてもいいと思っている?」と詰め寄ってきました。

 おばさんの極端な言葉に驚いていると
 「お料理は苦手? 私が教えましょうか?」
 「おやつは手作りが基本よ」とどんどん勝手に話を進めます。

 最初はおばさんの勢いに怖さを感じながらも「あまり関係のない人の話だし、適当に聞き流しておけばいいかな」と思った私。けれど、
 「私は子どもに全部手作りしたわ」
 「娘さんのために頑張ってみない?」などおばさんの押し付けにさすがに「好き勝手言って…」とイライラがつのってきました。そして私は
 「あの!」とおばさんの話を遮り…。

ぐいぐいくるおばさんに反撃!

写真AC

 「添加物って具体的に何が危険なんですか?」
 「亜硝酸ナトリウムとかアスパルテームとかありますけど」と切り出しました。おばさんは
 「えっ…?」とたじろぎます。すかさず
 「調味料ってやっぱり添加物なしのものですか?」と続けます。

 実は私の娘は卵・牛乳・小麦の食物アレルギーがあり、その関係で娘が生まれてから食に関する資格をとりました。食品添加物についてもある程度勉強していて、具体的な名前を出せるくらいは知識があります。

 知っている限りの知識を口にし
 「○○ってどう思いますか?」などおばさんに質問攻撃! 最後に
 「あ、私アレルギー食に関する資格を持ってるんですよ!」とニッコリ。おばさんはさっきまでの勢いはどこへやら、
 「えっと… そんな細かいところまでは… 私はもっと全般的に…」とおばさんはバツの悪そうな表情で言葉を濁していました。それを見て私は心の中でガッツポーズ!
 
 「添加物は毒」と言い切り、「子どもには手作りの食事」をぐいぐい押し付けてきたおばさん。最後には
 「ママが頑張ってるならそれでいいのよ」と言い、そそくさと去っていきました。私は、わが家の現状も知らずに勝手なアドバイスをしてきたおばさんに言い返せてスッキリ!

 娘がアレルギーになってから、私はこれでもかというくらい、食の勉強をして子どもの食事に時間を割いていました。なるべく手作りをし、睡眠時間を削ってかわいいクッキーを焼いたり、娘においしいパンを食べさせたくて何十回も米粉パンの試作をしたり…。大変でも娘が
 「おいしい!」と食べてくれれば報われました。そんな中のおばさんからの勝手なアドバイス。子どものためを思ってのことでしょうが、つい言い返してしまったエピソードでした。

(ファンファン福岡公式ライター/K)

あわせて読みたい
「私は子育てを立派にやりきった」とのたまう義母の裏の顔とは!? 義母は「私は子育てを立派にやりきった!」と自信満々な人。でもいざ孫が生まれてみると、あれだけのことを言い切ったのになぜ? の連続。そんな義母を待ち受けていた運命とは… 人生に大事なことってなに? と心底考えさせられたエピソードをお届けしたいと思います。
あわせて読みたい
【裏の顔に驚愕】野菜のおすそ分けから始まったご近所トラブル 「ご近所の方から野菜をいただく」なんてことは、どこにでもある自然な日常風景だと思っていました。しかし、一度野菜をいただいたことがキッカケでこんなご近所トラブルに巻き込まれてしまうとは、夢にも思わず…。
あわせて読みたい
保育園で他の子どもとどう付き合う? 無邪気な一言にタジタジ 私の子供が通っている保育園では異年齢保育をしています。いつもは同じ年齢のクラスごとに部屋が分かれていますが、夕方や土曜日は0歳から5歳までの子供が同じ部屋で遊ぶよう。うちの子は0歳だし年上の子と一緒で怪我したりしないかな、と最初はドキドキ。  実際始まってみると心配いらず! お姉ちゃんお兄ちゃんたちからすごく可愛がってもらっている様子で安心でした。実は問題は私の方で…。

※この記事内容は公開日時点での情報です。

  • URLをコピーしました!

著者情報

ファンファン福岡(fanfunfukuoka)は、街ネタやグルメ、コラム、イベント等、地元福岡・博多・天神の情報が満載の街メディア。「福岡の、人が動き、人を動かし、街を動かす」メディアを目指しています。

目次
閉じる