「うちに母の日はない!」夫に怒鳴られた “忘れられない母の日”

 義母が亡くなり、母の日を祝う側から祝われる側になって初めての年のことです。自分で夕飯を作る気になれず、外食がしたいとリクエスト。お店選びや予約を面倒がる夫に文句を言うと…。ブチ切れた夫の口から飛び出したのは、耳を疑う言葉だったのです。

目次

母の日に外食をリクエスト

写真AC

 同じ市内に暮らしていた義母が亡くなるまで、母の日は義実家にプレゼントを持って行くのが恒例行事でした。しかし、結婚するまで母の日を祝った事がことがなかった夫は、全て人任せ。前もってプレゼントを用意するのも、子どもたちに似顔絵や手紙を書かせるのも私。当日、義母宅まで車を出すのが、夫の唯一の仕事でした。

 一方、自分も母親である私は、子どもたちから肩叩き券をもらうくらい。義実家の帰りに必ずファミレスに寄るので、夕飯の支度をしなくていいのが唯一、母の日らしい小さな贅沢でした。
 しかし義母が亡くなると、母の日の準備もお出かけも不要に。とはいえ、自分で食事を作る気になれなかった私は、昼過ぎから
 「夕飯は外でおいしいものが食べたいな~、母の日だからな~」と猛アピールしました。

 しかし面倒くさがりの夫は
 「えー、今年は出かける必要ないのに…」と後ろ向き。
 「でも、ママが自分で作るんじゃかわいそうでしょ」と小学生の娘が援護してくれたものの
 「じゃあ好きなところに行けば?」と投げやりな返事。

 「母の日だから、早く予約しないと取れなくなっちゃうよ」と私が膨れて催促すると
 「だから、自分が行きたい店に予約すれば?」と語気が荒くなってきました。
 「え? こういう時はパパが予約するものなんじゃないの?」他人事のような夫に、中学生の息子も加わって意見しはじめます。

うちに母の日はない!?

写真AC

 その時、夫が怒鳴り声をあげました。
 「うちに母の日はないっ!」ブチ切れた夫の口から飛び出した言葉に、一同ドン引き。

 「信じられない」と私。
 「それはないでしょ…」と子どもたち。

 すると夫はもっともらしく
 「うちには父の日もないんだから、母の日だってないんだ」と訴えはじめたのです。

 いえいえ、うちに父の日はあります。プレゼントこそ買いませんが、そこはお互いさま。毎年、夫好みの手のかかる料理を作り、今日は父の日だから、と食後にデザートまで出すじゃありませんか。母の日の外食が気に食わないのなら、あなたが代わりに作ってくれるの? って話です。

 「うちに父の日あるよ」と娘が言ってくれたので
 「ハイ、父の日には毎年ご馳走を作ってますけど」と私も後に続きますが、夫はすっかりへそを曲げ、だんまりを決め込んだようでした。

結局、自分でレストランに予約

 夫がこうなると面倒だ、と家族は知っています。
 「仕方ないから、ママが行きたい店に予約すれば?」と現実的な息子が口を開きました。

 深くため息をついて、私は気になっていた韓国料理店を提案します。子どもたちはすぐに乗ってくれたものの、夫は無視。
 「パパ、韓国料理でもいいですか?」と声を掛け直しても、返事はなし。仕方がないので
 「予約するよ!」と宣言し、自分で電話をかけました。

 時間になって車を出してとお願いすると、バツが悪そうに動き出した夫。しかし、店に着くと、韓国出張が多い夫は物知り顔で注文を取り、本場韓国のうんちく話を子どもたちに披露。ようやくわが家にいつもの団らんが戻ってきたのでした。

 感動やサプライズがなくても、家族でおいしい食事が楽しめれば私は大満足だったのに、サービス精神ゼロの夫のせいで後味の悪い一日に。 “忘れられない母の日” になりました。

(ファンファン福岡公式ライター / 繭子)

あわせて読みたい
なぜ私に言う? 「母の日はお祝いしなさい」と督促する義母  みなさん、母の日には、義母にもお祝いを贈りましたか? 私は、お祝いしなかったことで、義母から注意されてしまいました。「まずは自分の息子(夫)に言えばいいの...
あわせて読みたい
「ママのこといじめるよね」―嫌味な姑を笑顔にした贈り物とは?  私は姑(しゅうとめ)とは初めからあまり気が合いませんでした。同居でないだけまだよかったものの、会うたびに傷つくことを言われたり、母の日や誕生日にプレゼント...
あわせて読みたい
【義父と私のバレンタイン事情】嫁の手作りチョコって正直嬉しい?  私の義母はイベントにすごくこだわりがあります。誕生日はもちろん、父の日、母の日、敬老の日(義母の母に対して)には必ずプレゼントを用意しないといけません。バレンタインも同様に、私は毎年手作りチョコを贈っています。世のお嫁さんたちは、義父にチョコを贈っているのでしょうか?

※この記事内容は公開日時点での情報です。

目次
閉じる